「 鉄道 」 一覧

長崎へ

  2019/09/12 

意識は現実を呼び寄せる 60年ほど生きてきて、 つくづく思うのは、 自分が思ったことの多くは 現実化されるという事。 楽しい事を想像すれば楽しい事が起き、 マイナスな事を思えば …

新大阪駅にて(2019年夏旅)

  2019/08/30 

旅の醍醐味・・・ 本州最南端の串本町から 新大阪駅までは、 正直、思った以上に遠いものでした。 元々、大甘なスケジュールで(笑)、 「多分行ける、 行けるんじゃないかな?」 く …

大阪へ(2019年夏旅)

  2019/08/04 

きっぷの買い方 今回は、新大阪駅でレンタカーを借り、 そこから紀伊半島の真ん中を 熊野川沿いに縦断、新宮市に出て、 本州最南端の串本町を巡り、 海岸沿いに新大坂まで戻る二泊三日 …

新宮神社(福岡県新宮町)

  2019/06/21 

駅誕生まで90年 明治時代、 鉄道が作られはじめたころ 日本各地での地元住民の反対は 熾烈なものがあったそうです。 「男達が鉄道で町に行き女遊びをする」 というのが、反対理由の …

サプライズな終幕(2019年高知の旅)

  2019/04/16 

思いは通じる 高知の旅を計画した時、 鉄道での往復を考え、 調べていました。 しかし、福岡から高知までを 陸路で行くと、時間がかかり過ぎ、 現地での観光時間はかなり減るし、 そ …

らっきー神社(2019年福山の旅)

  2019/03/15 

神出鬼没の神様 「恋人の聖地」に神社を作ったり、 今、日本の各地に 「インスタント神社」が鎮座しています。 まさに神出鬼没の神様たち、 さぞかし忙しい事でしょう(笑) そんな中 …

素盞嗚神社(2019年福山の旅)

  2019/03/14 

中世建造物の宝庫 素盞嗚(すさのお)神社は、 江戸時代の建物が、 いくつもある神社です。 神社そのものとして建てられた、 本殿や鳥居などはもちろん、 神社南側にある相方(さがた …

吉備津神社(2019年福山の旅)後編

  2019/03/13 

吉備津神社の境内社群 境内社と言えば、 摂社、末社とも言われ、 本社の横や、前、後ろなどに 小さなお社だったり、 石祠だったりが比較的多い中、 吉備津神社の境内社は、 本社かと …

吉備津神社(2019年福山の旅)前編

  2019/03/12 

4つに別れた国 むか~し岡山県と広島県東部は、 吉備国(きびのくに)という 一つの広大な国でした。 大和政権とも対立するほど 大きな勢力でしたが、 その勢力を削ぐためもあってか …

猫地蔵(2019年福山の旅)

  2019/03/11 

退治された妖怪を祀った祠 昔から妖怪話は多々あるもので、 そんなもの珍しくもないという位、 日本人なら夏の風物詩 みたいなものです(笑) そんな妖怪話にまつわる 珍しいものを発 …