白崎八幡宮(山口県岩国市)

 

自分の弱点を覗かれる

僕が白崎八幡宮に一歩入った時、

何か自分に合わない「気」を感じました。

合わないというか拒否する心というか…

その時は、

ただ僕には波動が合っていない神社

としか思わなかったのですが、

あれから1年以上経ち、

その間に大きな経験もした今、

全く別の気持ちになっています。

波動が合わないと書きましたが、

それはただ単純に

自分の弱点を見透かされたから

息苦しくなったのです。

人は自分の苦手なものを否定したり

拒否したりする傾向があります。

僕の苦手なもの、失敗したものは

「商売」で利益を上げることと

「人」を大切にすることでした。

利益を上げることは

ぼったくりして

金を巻き上げるのではありません(笑)

顧客に大いなる価値を提供する事なのです。

それは結局、

人を大切にすることに繋がる行為です。

白崎八幡宮は利益に結びつくこと、

要するに顧客に価値を提供する事を、

徹底してやっていたのが、

自分の負い目となって、

波動が合わない気になっていたのです。

逆に言えば、参拝者や神社を利用する人に

喜ばれることを徹底してやっている

白崎八幡宮は、僕の学ぶべき物を

沢山提供してくれ、学ばせてくださる

優しい神社だったのです。

参拝した時の気分は「拒否」だったので、

しっかり回る気力も無く、

写真も少ないですが、

そんな気持ちの変化があった神社が

今回の白崎八幡宮です。

白崎八幡宮へ

錦帯橋がある錦川の下流は、

今津川という名前になっています。

この川の前の高台に鎮座するのが、

白崎八幡宮です。

広大な駐車場の前はすぐご社殿になっています。

今考えると、

参拝客が気楽に停められる

駐車場が存在すること自体が

おもてなしだし

人に優しい神社ですよね。

恵方板もあります。

拝殿にて参拝。

ここは芸能人も多く参拝に来て

お守りを授与され

サイン色紙もたくさんあります。

要するに多くの方に崇敬をされ

喜ばれているわけなのです。

そんなことも僕の弱点を

突いて居心地が悪くなった

一つの原因です。

七五三の大きな絵馬。

画風は好みがあると思いますが、

僕には子供たちの表情が

ちょっと怖く感じられました。

しかし、気持ちに変化があった今、

改めて見ると、

少し違って見えるような気もします(笑)

左が本殿、右は拝殿。

境内社が並ぶ前には

レッドカーペットが敷かれています。

参拝した時は、レッドカーペットは

何か神社に合わないな〜と思いましたが、

今見ると、参拝者へのおもてなしと

考えてのものなのかと思ったりします。

そして、僕の拒否反応の最たるものは

これでした(笑)

十二支のオブジェたち。

これ見たときには

本当に心がもやもやしたのですが、

今、考えると、お爺ちゃんお婆ちゃんが

孫を連れて回るには一緒に楽しめる

おもてなしのオブジェだったんだ

という思いもしています。

結局二人の写真も撮る気力も無く、

短時間で参拝を終えた僕たち、

いつになるか分かりませんが、

人を大切にし、人を喜ばせ、

その結果、

大いに繁栄している自分になった時には、

お礼参りに行きたいと考えています。

白崎八幡宮、

僕を目覚めさせてくれて、

ありがとうござました。

 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

Comment

  1. 岩国人 より:

    地元民です。白崎八幡宮は金儲けに走り、神社庁と揉めてご神体を取り上げられました。なので神様がいない神社として有名です。ご祈祷はお金を抜き取り空の封筒を捧げ、地鎮祭などの行事では神饌はプラスチックの魚や果物です。神を冒涜する行為ですが、そもそも本殿にご神体がないのだからそんな事関係ないのかもしれませんね。遠くの方は知らないと思うので、お知らせしときました。

    • tabibito1722 より:

      岩国人さん、
      コメントありがとうございます。
      なるほど、そんなお話があるのですね。
      地元でしか分からない情報を
      いただき、本当に感謝しています。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください