2018/01/22

仲宿(なかやど)八幡宮(北九州市八幡東区)

 

神功皇后の足跡

神功皇后の伝承地は

星の数ほど?あっても

実在しなかった人物なのでは?

という説もある中、

またもやその星の一つに出会いました(笑)

仲宿八幡宮へ

春日神社は八幡西区、

ここ仲宿八幡宮は八幡東区にあります。

東西に分かれる以前は「八幡区」

その前は「八幡市」でした。

八幡市と言えば、

昭和20年8月8日の空襲で

大きな被害を受けたのですが、

その時の煙が翌日まで立ちこめていたため

翌日の8月9日午前、

八幡市の隣である小倉市に

原子爆弾を落とすため飛来した

アメリカ軍のB-29爆撃機が

どうしても爆撃体勢に入れず、

小倉への原爆投下をあきらめ、

目標変更して長崎に落としたのです。

小倉市民にとって

原爆から逃れるという幸運をもたらし、

逆に長崎市民には大きな不幸を

負わせることとなったという

人の運命の紙一重を絵に描いたような

八幡空襲なのでした。

ただ疑問なのは

いつも用意周到なアメリカ軍が、

大きな任務が翌日にあるのに

何故すぐ隣の街を前日に

空襲したのかということです。

煙が立ちこめることは

想定外だったのでしょうか?

あ〜また神社とは関係ない話しに

どんどん外れていますね〜(汗)

しかし、この仲宿八幡宮のお祭りである

前田祇園山笠は、八幡空襲があったから

この神社のお祭りになったという

いきさつもあるので、

大外れでもないのですが(笑)

正面の入口。

御由緒。

八幡宮らしく、

仲哀天皇、応神天皇、神功皇后の

スリートップの神様が祀られていますネ!

特に神功皇后はこの仲宿り(宿泊)して、

豊山の宮(豊山八幡宮)を

作らせたという伝承があり、

神社自体の名前にも関係しています。

仲宿八幡宮は神功皇后が宿泊したころ

ここは昔、熊鰐(わに)氏の館で陣屋だったそうです。

その熊鰐の子孫の方がここの宮司さんだというのが

ネットを見ていて判明しました!

何と27代目だそうで、凄い歴史に

ビックリでした。

そして、相殿には、

ヤマタノオロチ退治で有名な

スサノオとその妻となった

クシナダヒメもいらっしゃいます。

手水舎。

一枚岩の立派な手水鉢ですね。

青竹と清水のコントラスト、

気持ち良いですね!

また、この手水舎は、60年以上前に

個人から奉納されたものでした。

昭和27年というから還暦近い僕が

生まれるずっと前のこと(笑)

また、手水舎の内側の四方には

上記写真の菊以外にも

このような装飾が彫られています。

菖蒲。

梅。

松。

そして、手水舎の前には

この神社が行なっている

二つの無形文化財の案内があります。

この前田祇園山笠は、もともとは

仲宿八幡宮のお祭りではなく、

八束髪(やつかひげ)神社という

スサノオを祀った神社の祭りでした。

ところが、八幡空襲で

本殿は焼けてしまい、

その後昭和36年この仲宿八幡宮に

合祀されたため、今では仲宿八幡宮の

行事の一環となっているのです。

盆踊りも無形民族文化材になっています。

こちらは大内氏に攻められた

花尾城の戦死者を供養するために

はじめられたかも?

発祥はよくわからんが、

何回か中断しながらも頑張って

今はやってるよ!と書いてありました。

拝殿前の燈籠には

「神威」と「八紘」の文字。

参拝。

神額。

本殿。

参拝したあとは、

境内を散策しました。

そして、一番気になるのが

こちらです!

「恋占い石」

神社に縁結び的なイベントは多いですが、

恋占いが出来る石というのは

ちょっと珍しいかも知れません。

ちゃ〜んと作法まであります!

「おさよ」と「さごしち」というのは、

この付近で200年前に起きた悲恋の主人公です。

綺麗なおさよをGETしたさごしちは、

嫉妬した村の男たちから殺されてしまい、

さごしちを追って、おさよも自殺したという

逸話です。

そして、この恋占い、

最後にたま石を掴んだらどうなのか?

書いてありません(汗)

たま石は三つあるので、

そのどれを掴んでも同じご利益なのか

それとも真ん中は一番ラッキーなのか?

考えると夜も眠れません(笑)

この二人とアメノミナカヌシを

祀ったのがこの牛守神社。

二社を合祀してここの境内社になっていました。

このような石碑もあります。

この炎のようなマークは何なのでしょう?

参拝。

こちらは稲荷社。

最後に御朱印をもらい参拝は完了。

御朱印を書いてもらった方が、

熊鰐の子孫である宮司さんだったのか

定かではないですが、

もし宮司さんだったらいいな〜(笑)

今日の癒し

境内の赤い実に癒されました。

何の実なのでしょう?

名前は知らなくても

見た目で楽しめばそれでOKですよね(笑)

 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください