名古屋駅にて(令和2年夏旅)

 

イメージとは違う

名古屋駅周辺は、

高層ビルが立ち並ぶ大都会ですが、

名古屋をあまり知らなかった妻は

そんなに都会ではないという認識でした。

それだけに、

「うわ~凄いね!」

「名古屋って大都会なんやね!」などと、

感動していましたが(笑)

テレビなどでは、

あまり「名古屋が大都会」的な情報が

少ないからなのでしょうか?

名古屋駅にて

愛知・岐阜の旅の最後は、

起点の名古屋駅へ戻ります。

大都会ならではの光景。

新幹線の発車時刻までは

まだ2時間以上あるので、

ここで、まったりと腹ごしらえすることに。

ちょうどビルの20周年記念だそうで、

館内にある野菜のオブジェが

目をひきます。

このセンス、素晴らしい。

(感想は人によるかな?)

野菜のオブジェを

大いに気に入ってしまった僕たち、

こんな写真まで撮ってしまいました。

レストラン街の案内。

結局、毎度の「洋麺屋 五右衛門」(笑)

このお店、座席が広く、

照明も少し暗いし、

店員さんを気にしなくていいので、

ゆっくりと食事出来て、

お気に入りです。

僕が頼んだのは、

「カマンベールチーズと

カリカリベーコンのカルボナーラ

海老とブロッコリーの

大葉のジェノベーゼ」

妻は、

「明太子と海老としめじの青じそ風味」

食後のアイスコーヒーも

ゆっくり飲めて大満足。

新幹線ホームにて。

岐阜羽島って、

「ぎふはしま」だったんだ~

駅が出来て以来、

「ぎふはじま」かと思っていました(笑)

名古屋駅の新幹線ホームからは

町並みが「生」で見られます。

何だか在来線の

のんびりした雰囲気が味わえて、

なかなかいいものですね。

夜の8時半というのに、

名古屋駅の下りホームには、

たった20分間位の間に

5本も「のぞみ」が発着。

凄いとしか言いようがない、

日本の新幹線です(笑)

僕たちが博多まで乗る列車が入線。

今回も中身が濃すぎる旅でした(笑)

 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください