福山城雪景色(2019年福山の旅)

 

偶然なのか必然なのか?

1年前の旅で、昼も夜も訪問していたし

今回は別の場所を見るため、

駅前の福山城には、

全く行く予定にしていませんでした。

ところが・・・

偶然にも僕たちが泊まった夜、

福山地方には夜中に雪が降り、

一面の銀世界に!!

雨ならば、

「あ~残念・・・」

と思ったかも知れませんが、

それが雪となれば話は全く違います。

「犬は喜び、庭かけまわり♪」の歌詞同然、

「僕は喜び、城駆け回り♪」

となったわけです。

偶然の雪だったのか、

それとも

僕が城駆け回る必然だったのか、

いずれにしても、

超ラッキーな、

福山の旅二日目の始まりです。

東横イン福山駅新幹線南口

快適さと価格が魅力の東横イン。

ここ福山の東横インには、

昨年正月の旅に続き、二度目の宿泊です。

どこの東横インでも基本はこのデザイン。

なので、落ち着きます。

そして、この部屋の窓からは、

こんな景色が見えます。

福山駅新幹線ホームの向こうには、

ライトアップされた福山城。

天守の他に、伏見櫓、月見櫓も

スポットライトを浴びて、

なかなか素敵な景色です。

そして、翌朝起きて窓の外を観ると

サプライズが!

お~!!なんじゃこりゃ~!

素晴らしい~♪

まさか雪景色の福山城と

新幹線700系+N700系の

コラボレーションが観られるとは!

ラッキー過ぎる出来事に興奮しながら

朝食会場へ。

食べ放題なので、ご飯もパンも

あるもの全て平らげます(笑)

そして、朝食後は、予定外の

福山城散策へGO!。

レンタカーを借りる時間までは、

20分ほどなので、

僕一人の駆け足散策です(笑)

雪の朝の東横イン福山駅新幹線南口。

ここで車の屋根に積もった雪を見るとは、

何とも不思議です。

福山城

時間が無いので、

とにかく早歩きです。

福山城は福山駅の真ん前、

というか、福山駅は

福山城の一角に作られているので、

元はと言えば、同じ敷地、

ホテルから歩いて5分で入城できます。

京都、伏見城からの移築が裏付けされている

国指定重要文化財の伏見櫓。

松葉に積もる雪と伏見櫓。

これは、なかなか風流ですね~。

手前から筋鉄御門(すじがねごもん)、

真ん中が湯殿、右奥が月見櫓。

筋鉄御門から本丸へ向かいます。

お~雪だ~!

筋鉄御門の屋根瓦にも雪が積もって

ちょっと北国の城みたいです。

ヴァージンスノーの向こうに筋鉄御門。

湯殿もまた絵になります。

月見櫓も雪に合います。

雪の先には、天守。

天守のアップ。

そして、この正面からよりも

さらに雪景色が似合うのが、

反対の北側から見た天守でした。

北側から撮影した天守。

雪の白さで、石垣や石段が

くっきりと見えています。

手前の礎石も雪のお陰で、

存在感が倍増していますね!

礎石のみ撮影。

本丸の外から見た鐘櫓と石垣。

既にレンタカーを予約した時間が

迫って来たので、

ここらで福山城散策を終了し、

またホテルへと階段で転ばないように(笑)

駆け足で向かいます。

 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください