宇和海展望タワー(愛媛県愛南町)

 

隠れた絶景スポット

僕たちが愛媛の旅をしたのは、

2019年4月14日、15日。

令和という新元号に変わる

半月ほど前のことで、

この宇和海展望タワー訪問は、

二日目でした。

愛媛県を旅する人たちは、

宇和島市内までは観光しても

ここ愛媛県最南端の町、

愛南町まで足を伸ばす人は、

あまり多く無い気がします・・・

しかし、愛媛県で絶景の海といえば、

足摺宇和海国立公園の一角、

やはり「宇和海」でしょう(笑)

海を見て癒やされたい人には、

超オススメスポットですよ!

宇和海展望タワーへ

駐車場の前からは、

すでにタワーがここまで大きく見えます。

タワーまでは、歩いて5分ほど。

お~来たぞ~!

昭和52年(1977年)、

今から40年以上前に

開業した、ちょっとレトロな構造物を

平成最後の旅で体験出来るのです。

この塔を回転しながら昇降するゴンドラは、

まだ下の建物内に格納されているので、

この写真だと

工場の煙突みたいにも見えますね(笑)

朝一番、9:20の分に

乗車予定なので、

まずは切符を買います。

切符売り場兼お土産屋さん。

僕たち以外には

誰もいません・・・

発車時刻までは、近くを散策。

施設案内。

散策道もあるようです。

タワーの下から眺めた

御荘(みしょう)湾。

既に絶景です。

天気に恵まれて良かった!

顔出しパネルも体験。

そして、時間が来たので、

乗り場の前へ・・・

乗り場は貸し切り状態(笑)

2階建ての展望タワーですが、

より高い場所から眺められる2階は、

現在閉鎖中とのこと・・・

そりゃ正解でしょう・・・

お客さん少ないし、

メンテナンス考えたら経費も

余計にかかりますからね・・・・

とにかく存続して欲しい!!

モニター板。

中に入ると、期待以上に

ふかふかの素晴らしいシートが

僕たちのお尻を待っていました!

ゴンドラから外を見ると

やはり無人です(笑)

ゴンドラは360度回転しながら

頂上まで行き、同じく回転しながら

降下するというので、目が回らないかと

少し心配も(笑)

エアコンは普通タイプですね(笑)

そして、乗務員と僕たち二人、

合わせて三人で出発です。

乗務員率が33.3%(笑)

海抜260mからの御荘湾は

下から見たのとは全く違う

大パノラマですね!

こちらに見える手前の建物が、

この後行く予定の

紫電改展示館です。

そして、グルグル回るわりに

目は回りません(笑)

西側の景色も素晴らしい!

この写真では見えませんが、

ちょうどこの先の対岸に、

愛媛に来る2周間前に旅した、

九州の大分県佐伯市の

鶴御崎があります。

その時の写真はこちら。

九州最東端の地、鶴御崎です。

ここから海を隔てて、

宇和海展望タワーがあると思うと

なんか面白いものですね。

そして、話は、また愛媛に戻ります(笑)

待機時間も含め、

わずか10分位ですが、

こんなに景色を楽しめる施設は、

なかなか無いでしょう。

自撮りで記念撮影。

しかし、背景が白飛びしています(汗)

はい、こちらは景色も完璧(笑)

二人で貸し切りの展望タワー、

揺れもほとんど無くて、恐怖心はゼロ、

素晴らしい空中遊泳でした。

今日の脱出口

ゴンドラの床にあった

脱出口・・・

開けたら下は空中なのか?

「緊急時には、

ここからパラシュートで

脱出してください!」

係員のおじ様の口からは、

こんな言葉は出ませんでした(笑)

 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください