明智駅(岐阜県恵那市)

 

明知から明智へ

明知鉄道、明知線の明智駅は、

JR時代には「明知駅」でした。

実際にここにあるお城は明知城ですから

明知が正しいのかもしれませんが、

やはり有名人にあやかった方が、

PRにはなりそうですし、

実際に僕がここを知ったのは、

「明智駅」からでしたから

効果はあったというわけですね(笑)

ちなみに岐阜県可児(かに)市の

名古屋鉄道の駅にも

全く同じ「明智駅」があり、

どちらも明智光秀の出身地として、

観光客誘致を頑張っています。

その、どちらにも行った僕たちは、

間違いなく誘いに乗りやすい人です(笑)

明智駅へ

この日は、山城二つに登り、

夕方、明智駅に着いた時、

僕たちはもうヘトヘト(笑)

妻は車で待機、

僕だけが駅の散策です。

明智町=日本大正村

こんな感じの町です。

駅から見た大正村方面。

明智駅は、大正村の玄関口。

左が明智駅、右が明智駅前プラザ。

駅舎へ。

大正時代風な暖簾をくぐり中へ。

大正ロマン風の小綺麗な駅舎内。

そして、ここには駅員さんもいて、

「駅」の雰囲気作りにも貢献しています。

経費節減で無人化を進める駅が多い中、

貴重な存在かも知れませんね。

やはり、今このポスターは必須。

横には明智光秀ゆかりの

観光スポットも紹介されています。

大正娘

駅の出入り口付近では、

大正時代風の袴を着た

女の子の人形が迎えてくれます。

人形にマスク・・・。

いろんな考えがあるでしょうが、

分かりきった現実を見せるよりも

人形を逆立ちさせるとかして、

もっと明智町、大正村の楽しさを

思い切りアピールした方が

観光客が初めてこの駅に

降り立ったとき、

思わず笑顔になれるかも?なんて

考えてしまいました。

余計なお世話かな(笑)

 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください