2019/01/12

旅の副産物(2019年初詣の旅)

 

犬も歩けば棒に当たる

故事ことわざ辞典によると

犬も歩けば棒に当たるとは、

でしゃばると思わぬ災難にあうという戒め。

また、じっとしていないで、

何でもいいからやってみれば

思わぬ幸運にあうことのたとえ。

と書かれています。

今では後者の意味で使われる事が

殆どのようですね。

僕たちも後者の意味で、

棒に当たり、大いに喜ぶ体験をしたのが、

諫早城から

御館山稲荷神社への道中でした。

御館山稲荷神社へ

諫早城から御館山稲荷神社へは、

大きく2つの道があり、

どちらも距離は変わりません。

だったら景色が楽しめる方を歩こうと

本明川沿いを歩いて

行くことにしたのですが、

この選択により僕たちが、

「棒に当たる」運命となったのです。

諫早公園(諫早城)から

川に降りたところで

山の上に御館山稲荷神社が見え、

いきなりテンションは上がります。

川沿いを歩いたついでに

二箇所ある飛び石のうちの

神社前よりも上流のものを

見ようと少し足を伸ばしてみました。

こちらの石は神社前のものより

新しい感じがします。

大洪水の後、

再建された時期が違うのかも知れませんね。

楽しむ心が未熟?

川を離れると

目指す御館山稲荷神社は、

ほぼ一直線の道のりで、

徒歩15分ほど・・・

のはずが、思わぬ障害に遭遇(汗)

JRの高架下をくぐる道の「歩道」部分のみが

工事通行止めになっていたのです・・・

そこには徒歩での迂回路が表示されていて、

JRの高架を横切るためにはかなり

左側に大きく回る必要があり、

距離にして1.5kmはプラスにはなりそうで、

正直、心が折れそうなほどの迂回路です・・・

実は、こんな時にも楽しむ心さえあれば

「通行止め」や「迂回路」の写真なども

撮影出来たのでしょうが、

僕はまだまだ旅を楽しむ心が未熟で、

写真を撮る余裕は全くありませんでした。

迂回ショックからやっと立ち直って撮ったのが、

こちらです(笑)

マンホールのデザインは

眼鏡橋か~素晴らしい!

と少し元気が出ました(笑)

そして、もっと元気が復活したのがこちら。

何と、遠方にそびえる諫早城をバックに、

特急列車とのコラボ写真が撮れたのです!

迂回路を通っていなければ、

こんな風景を見ることもなく

諫早の旅は終わっていたはず。

この日、この時間に迂回路を

通らせていただいた神様に感謝です!

せっかくなので、

諫早城全景をズームでも撮影。

通行止めの案内を見た地点から

一直線ならば約200m位、

約5分で着く場所に

目指す御館山稲荷神社の

案内板が立っています。

何故かここには、

「御館山神社」となっていますね。

ようやくたどり着いた

御館山稲荷神社の参道入口。

ここからは山登りとなります。

迂回で体力は奪われたものの

思わぬ副産物をゲット出来たことで

気力はかなり充実(笑)

さあ、登ろう!

 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください