福岡から三原へ(2019年福山の旅)

 

最強!モグラ新幹線

山陽新幹線の半分ほどは

トンネル区間です。

従って、「モグラ新幹線」なる

ちょっとネガティブなニックネーム?が

付けられたりしています。

ところがここを通るモグラ(笑)からは、

意外と素晴らしい景色も楽しめて、

ちょっと気を抜くと、見落としするほどです。

特にオススメなのが、

各駅に止まる「こだま号」で、

のぞみ号やみずほ号などでは見られない

景色が盛りだくさんとなります。

出発

歩けば20分ほどかかる地元の古賀駅、

しかし、

旅の日は自宅から車で移動し、

駅前に駐車するので、楽ちんです(笑)

24時間400円という、

地方ならではのお財布に優しい、

いや、今は電子マネーに優しい料金に

ついつい利用してしまいます。

改札付近。

博多までは6:20発の普通列車。

夜中の雨がちょうど上がったばかりで、

これから天気が良くなる予感がしてきます。

博多駅

30分ほどで博多駅に到着。

するといきなりこんな列車が

来るではありませんか!

黒に金縁のディーゼル機関車は、

めっちゃお洒落!

SL人吉号の客車を繋いでいますね。

こちらは展望者ですよ!

回送とはいえ、熊本~人吉間の列車が、

博多駅で見られるとは、

旅の最初からラッキー過ぎます(笑)

そのSL人吉が過ぎたあとホーム前には、

JR九州が誇る観光列車たちが

僕たちを見つめているではありませんか!

もちろん「SL人吉」も仲間とともに

こちらを向いています。

何というタイミングの良さななんでしょう。

ホームで、楽しんだ後は、

お昼の弁当を求めて、お店へ・・・

昨年、奈良の旅で使った企画切符の

おまけで付いてきた1200円分の

お買い物券を使っての購入なので、

今日のお昼代は一人300円弱と

格安になりました(笑)

僕は幕の内弁当、

妻は、お店のお姉さまお勧めの

かしわめし。

7:17発岡山行き「こだま732号」

これで、三原までのモグラ移動です(笑)

僕たちを乗せてくれるのは、

500系のV9編成。

わずか9編成しか生産されなかった

500系新幹線最後の編成です。

そして、ここで、またもやラッキーが

舞い降りてきました。

鹿児島中央行きの「さくら」号が、

向かいのホームに入線してきたのです。

こんな絵柄が撮れるとは、

早起きした甲斐があると言うものです(笑)

最新型の

N700系(九州新幹線仕様)さくらと

最旧型の500系こだま。

戦闘機のようなデザインの500系は、

最新型と並んでも、

誕生から20年経っても色褪せないし

陳腐化しないのが、凄いですね。

山陽新幹線にあって、

東海道新幹線に無いもの・・・

それは、

普通車の2+2シートです。

グリーン車なみの快適さは、

JR西日本で移動する人の特権(笑)

車内は空いていましたが、

広島あたりからほぼ満席になりました。

今回の切符も撮影。

50歳以上限定の「おとなび早得」、

博多~三原間、片道4,210円。

これ普通列車の料金以下ですよ(笑)

徳山駅

途中、新下関駅出発後、

下関総合車両所の転車台(ターンテーブル)の

全景が撮れる場所を通過したのに

ぼ~っと見ていたら撮り損ないました(汗)

転車台を空撮するような位置から

はっきりと見られるのは、

なかなか珍しいものです。

次回、こだまに乗ったら撮るぞ!

そう思いながらまたぼーっとしていたら

徳山に到着です。

ホームのポスター。

周南市にある徳山駅、

「しゅうニャンし」は

人がネコになれる町だそうです・・・

という事はこの子は猫娘かな?(笑)

広島駅

新岩国からの断続的な

トンネルを抜けると、広島独特の風景、

広い川が見えてきます。

この川は、広島城の外堀的な

意味合いでも利用されていた川かな?

そんな思いをしてるうちに広島駅に到着、

そして、出発。

広島駅を出てほどなく

右側に見えてくるのが、

広島カープの本拠地、

マツダスタジアムです。

三原駅

9:18定刻に三原駅到着。

降車。

新幹線ホームの目の前には、

三原城の天守台があります。

時間軸で言うと三原城跡に

鉄道を敷いたのが始まりですが(笑)

敬礼で500系新幹線を見送る妻。

さて、これから福山行き列車への

乗り換えまでの30分間を利用して、

三原城弾丸ツアーの開始です(笑)

 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください