神在神社 神石(福岡県糸島市)

 

ここも偶然の出会い

今回の糸島の旅には、

神在神社や「神石(かみいし)」の存在を

全く知らずに出発していました・・・

たまたま、他の神社の場所を調べていると

この「神石」の存在に出くわしたのです。

知ってしまったからには・・・

行くしかありません(笑)

いつものように、

犬も歩けば棒に当たる的な

参拝となったのでした。

神石へ

神在神社の境内左側を出た所に、

こんな案内があります。

「これより先は徒歩です

駐車場はありません」

この親切な案内のおかげで、

行き止まりまで、

車で突っ込んでいかなくて

済みました(笑)

竹林の先に光が見えていますね。

右側のフェンスの向こうには、

ソーラーパネルが満載です。

やはり、神の石が存する処、

太陽の恵みも格別なのでしょう。

次々に案内が出てきて、

初見参の僕たちにとっては、

この上ない贈り物です。

「神石まで、約20m」

いよいよご対面!

お〜あった〜!

恐竜の卵みたいな巨石が!

早速、妻をモデルに

大きさの比較写真を撮影。

何で、こんなに大きな石が、

こんな所にあるのか、不思議です。

しかもいくつもあるのではなく、

唯一つだけが、ぽつねんと、

まるで、大男がこの石一つを

ここに置いたかのようにあるのです・・・

今年(2019年)の1月18日付けの

西日本新聞のネット記事によると

「巨石は外周約16メートル、高さ約4メートル」

「しめ縄を張ってお祭りするようになったのは

2016年11月から」と書かれています。

神石の前には、神在神社さんが、

石へのお参りの仕方を

書いてくださっています。

書いてある通りの作法で

神石にお参りする妻。

別角度からも撮影。

不思議な影が浮き出ています。

吉兆?でしょうか・・・

神石のパワーを貰う妻。

石のベストショット。

神石の頂部を太陽が照らして、

いっそう神々しく感じられます。

先程の西日本新聞の記事によると

この三本の木は「ハゼの木」で、

神石に寄り添うようにして

そびえ立っている姿が、

何か神使的な雰囲気を漂わせています。

最後は、神石と

スリーショットで参拝は完了です。

 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください