鷺之森碑(愛知県豊明市)

 

一生の思い出

桶狭間古戦場伝説地の

案内板で知ったのが、鷺之森碑です。

左下の案内には

「信長が桶狭間への進軍途中、

熱田神宮で戦勝祈願したところ

白鷺二羽が社殿より飛び立ち、

信長軍の進路を導き、

石塚の森の大木で羽を休めた。

明治9年(1876)、

山口正義がこの伝承に基づき

記念碑(地上高約60cm)を建立した。」

このように書かれています。

これは、行ってみるしかありません!

というわけで、次なる目的地は、

桶狭間古戦場公園を後回しにして、

鷺之森碑がある、

はざま公園となったのですが、

この時は、この判断が、

「一生の思い出」を連れて来るなんて、

思いもしていませんでした・・・。

はざま公園へ

桶狭間古戦場伝説地から歩き、

少し丘陵を登って、

7~8分で「はざま公園」に到着。

思った以上に広い公園なので、

鷺之森碑を探すのも

大変そう・・・

面積2.600㎡。

やはり大きい気がします(笑)

遊具もあり、かなり整備された公園ですが、

鷺之森碑への案内などは見つからず、

とにかく自力で散策。

そして、公園の下側の端っこで、

ようやく「それらしきもの」を発見。

鷺之森碑

端っこがこちらです。

道路側に面していて、

相当に「マニア」でなければ、

見つけるのを諦めそうですね。

鷺之森碑。

鷺塚の由来。

冒頭に書いたのと同じく、

白鷺が今川義元の本陣近くへ

信長を導いたことが記されています。

ようやく鷺之森碑に出会えたのですが、

妻は「こんなところに鷺が来るのかな?」

なんて言い、

僕も「ただの石碑か・・」

「伝承はあくまでも伝承だから

それでいい」

な~んて、石碑に対して、

ちょっと舐めた感情を抱いていました。

そんな僕たちの心を察したのか、

この後、一生忘れられない

出来事が起きたのです!

信長とシンクロ!

鷺之森碑から、

もうひとつの「桶狭間」である

名古屋市の桶狭間古戦場公園を目指し、

少し歩き始めた時、電柱に貼られた、

「鷺之森碑」の案内板を発見し、

「記念に写真撮っておこう」と

一枚撮影した後に、

サプライズは起きたのです・・・。

白鷺までが描かれていて、

公園のPRは完璧だな~

なんて、考えていたら、

さっき見たばかりの鷺之森碑上空を

一羽の「白鷺」が、

悠然と飛んで行くではありませんか!!

(この写真にもかすかに撮れていました)

すぐさま妻に教えて、二人して超感動。

信長と同じ体験が出来た事に、

僕は涙が溢れていました・・・。

まさか、こんな事があるなんて・・・。

やはり、信長は鷺の導きで、

桶狭間の戦いに

勝利出来たのでしょう・・・。

こんな体験をしたからには、

とにかく鷺之森碑に戻って

さきほどの不敬を

詫びないといけません(笑)

詫びると言いながら、

結局はツーショット撮影か(笑)

妻の頭上に鷺之森碑が

載っかっているみたいですね。

信長とのシンクロさせてもらった鷺之森碑、

一生忘れられない

思い出が出来たはざま公園でした。

 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください