2017/12/31

群浦(こうのうら)の天神樟(熊本県宇城市)

 

見事な連携プレー!

人生に起きる様々な出来事には全て意味があると言われますが、

まさに意味がある出来事に遭遇しました。

昨日のブログで、巨木の場所を間違えて迷ってしまったことを書きましたが

その後、付近を探してもなかなかどこにあるか分かりませんでした。

誰かに尋ねてみようと思ったのですが、なかなか人がいなく

近くに小学校があったので、

そこにいた職員の方に巨木の場所をお聞きしたら

親切に教えてくれたのです。

しかし、これで巨木に出会えて良かった!とはならず

話しはここからがはじまり(笑)

教えられた道を行ってみたのですが、

どうしてもたどり着けなくて、もう無理かな〜

なんてあきらめかけてたところ畑仕事をしている人から

「大樟を探している方でしょう?」

といきなり声をかけられたのです!

「はいそうです」

と答えたものの

何でそんなことを面識無い他人が知っているんだろう?

そう思ったところ

「さっき、連絡があったからね」

とのビックリ発言が飛び出し

僕の頭は??

連絡とは何だ?

あ〜あの小学校の職員さんが電話していたのか〜!

いや〜もう驚きの連携プレーです。

その方に再度詳しい行き方を教えて貰って

めでたく目的の巨木に会えました。

僕たち二人は巨木に出会った感動よりも

地元住民の驚きのパフォーマンスの方に

超感動してしまったかも知れません!

群浦の天神樟天神樟へ

地元住民のお陰で、目的の巨木に到着。

ここに来るまでには「わかりにくい標識」を細い道に折れ、

その後、車の幅ギリギリいっぱいに左右から岩が張り出した道を通り

そんなトラップを乗り越える(笑)必要がありました。

迷った甲斐がありました!

素晴らしい大樟(大楠)です。

「群浦の天神樟」の碑も建っていました。

「天神」というからやはり菅原道真公が祀られた神社とは思いましたが、

やはりそうでした。

ここの正式名称なのでしょう。

巨木の前には拝殿がありますが、本殿はありません。

ご神体は「天神樟」ということなのでしょうね。

だとすれば菅原さんはどこにいるんだ?

とふっと思いましたが、深く考えずに

ここで巨木と菅原さんに参拝。

この木の主幹はすでに無くなっていますが、

目通り幹回り(地上から1.3mのところ)は15m近くもあって

迫力は凄いものがあります。

妻と大きさの比較です!

主幹は無いものの両脇の二本の幹の形はかなりカッコいいな〜

と思いつつ、何かに似ているな〜と思ったら

水牛の角に似たノコギリクワガタのアゴ(ツノ)でした(笑)

ツーショットも完了!

今日の癒し

何と言っても地元の人々に癒されました〜!

親切を通り越した(笑)最上級のおもてなしを受けて、

僕たちの旅の締めくくりは最高のものになりました。

 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください