2017/12/28

萩城の旅(山口県萩市)前編

 

萩市の魅力

萩城下町入口から萩城の手前にある萩博物館までは

観光客もいましたが、その先、萩城よりに歩くと

あまり人とすれ違うことはありませんでした。

真夏というのもあるでしょうが、

日曜日で、天気も良いのに人が少ないのです。

混み合った場所が苦手で、風景写真を撮影する時には

人が映り込まないように気をつける僕にとってはまさに天国と言えます。

観光地にとしては人が少ないのは問題かも知れませんが、

僕みたいな人もいるでしょうから

逆にのんびりお城散策が出来る閑静な観光地をPRしても良いかもしれません。

そんなPRは見ていない僕ですが、

「萩城」があるからこそ萩を訪れました。

もし、萩城が無かったら訪問していなかったかも知れません。

もちろん僕たちはお金が無いので、

萩市に経済効果をもたらすことはあまりありません…

ゴメンネ!萩市(笑)

ここからは一気に400年以上前の話しになりますが、

関ヶ原の戦いで毛利輝元(もうりてるもと)が西軍の総大将を引き受けそして負けた時、

勝った徳川家康から一時は改易(家をとりつぶされる事)されそうになりましたが、

何とか周防、長門の二カ国(これが今の山口県です)を与えられました。

その時に毛利輝元が、今の山口市を拠点にしようとしたのを徳川家康から

ダメ出しを食らってこの萩にお城を作ったそうです。

家康が「それダメ〜!」と言っていなければ

萩城ではなく山口城になっていたかも知れません。

人の世は常に紙一重、本当に歴史を知るって楽しいですね!

萩城へ

城下町から歩いて10分ほどで、萩城の外堀にある北の総門が見えてきます。

復元された白壁が北の総門の目印

発掘の案内版

この辺りには船着き場があったようです。

世界遺産の表示板は写真を撮ると反射するのが困りますが、

デザインや色も整っていて、とても立派なものです。

北の総門正面

北の総門を近くから撮影。

かなり良い感じで復元されていますね!

このような建築物を復元するのは大変でしょうが、

僕たち見る側からするととても有り難いものです。

ここを過ぎると昔ながらの城下町の建物が続きます。

僕が小さかったころにはまだこんな板塀の家もあったな〜なんて思いながら散策。

旧繁沢家長屋門の案内があります。

門はどこなんだと探したら

その門はこの建物のくぼみの入口のことでした。

確かに大きな門構えになっていますね。

こちらも「門」

旧周布家(きゅうすうけ)長屋門

これほどまでに昔の姿を残した城下町を歩いて、

その先にお城があるというのは素晴らしいことですね。

江戸時代の人々が通ったであろう道を少し時間をかけながら

だんだんと気分が「昔モード」になって行くのを楽しみ

そして、登城するとは何と贅沢な時間だことでしょう!

言い古された言葉ですがまさに「プライスレス」(笑)

そんな城下町の長屋を過ぎて少し行くと

右側には河口からつながる海が見えます。

綺麗な水ですね。

この橋を渡ると遂に萩城です。

いきなり石垣が見えて気分も高揚します!

石垣を過ぎるといきなり堀が見えて来ました。

「東矢倉跡」(ひがしやぐらあと)の表示。

「やぐら」の漢字は「櫓」と書くのが多いですが、「矢倉」という感じは初めて見ました。

地方によって違うのか、どうなのか?

矢倉に登る石階段も実にいい雰囲気です。

そして、反対にはこの光景が!!

素晴らしいですね!城跡の光景。

天守に行く前にまずは堀の周囲を散策し写真を撮りまくります(笑)

ここは「潮入り門跡」(しおいりもんあと)

文字通りここは海に向かって開いている門なのです。

潮入り御門を通って海に出てみました。

海岸線の石垣と城塀も壮観で、これだけのものが

今も残っているのは凄いことです。

萩城の目の前は透明感あふれる綺麗な海。

僕たちが訪問した時にこの辺りは海水浴場になっていて、

多くの若い男女や家族連れで賑わっていました。

見るからにやばそうなオヤジの僕は、盗撮を疑われないよう(笑)

かなり気をつけて撮影していましたが、

こうやって後から撮った写真を見てみると

海水浴客が一人も写らない写真だけを撮っていましたので、

全く「海水浴」の臭いがしませんね(笑)

まるで誰もいなかったように…

僕たちが海と石垣を感動しながら眺めていたら

海水浴に来ていた大学のサークルの人から

「写真撮ってください!」

とのご依頼が(笑)

僕の顔を見て声をかけるなんて

相当勇気がある若者だと感心しながらも

久しぶりに集合写真を撮影しました。

若者のカメラはiPhoneだったので、すぐさまLINEとかで

一瞬のうちに画像をシェアしたのでしょうね。

40年前僕が学生時代だったころのシェア方法は…

「フィルムを使い終るまで撮影する」

36枚撮りの16枚くらいのところで集合写真を撮影すると

次の旅行などが終るまでそのまま使うので長期間現像不可能となる。

「フィルムを現像に出す」

「出来上がったものを確認し人数分を焼き増し」

この時点でちゃんと撮れていなかった場合はここで終了(悲)

「焼き増しが出来たものを全員に渡す」

この間早くて1週間、下手すると1ヶ月、いや

忘れてしまうことも多々あり(汗)

人が生きている時間は昔と同じでも使える時間が劇的に増え

これが良い事なのかそうでないのかは分かりませんが、

便利になったのは間違いありませんね!

そして、

海を背景に若者達を撮影したら何だか触発されてしまい

僕たちの写真も撮りたくなって来ました(笑)

そして、ツーショット完了(笑)

その後はまた石垣巡り。

銃眼土塀(二の丸土塀)

紙矢倉跡

海岸からまたお堀に戻り本丸(入場口)に向かいます。

華矢倉跡

崩れかかった石垣も素敵です。

そして、ようやく萩城の入口付近へ到着。

案内板の向こうでは鯉の大群がエサを求めてバシャバシャと大騒ぎ(笑)

少し見えますね、案内板のすき間の鯉達が!

入口付近から見た天守跡。

萩城散策ですでに1時間ほど、本当に見どころ満載で、

お城周辺の遺構も景色も百点満点の萩市にやられっぱなしの僕(笑)

松下村塾も松陰神社も良いけどここもお勧め。

お城が好きでなくても「景色」として楽しめますよ!

さあ、遂に攻め入るぞ!萩城(笑)

今日の癒し

実はお城を散策していたらすごく綺麗なタマムシが飛んでいて、

滅多に見られないタマムシに僕たちはとても癒されました。

ただ、アップ写真を撮ると、かなりグロテスクなんですよね〜タマちゃん(笑)

なので、こちらの画像を今日の癒しとしてフューチャーすることにしました。

「石垣の間から見える萩の海」

海水浴客が見えない瞬間をパチり(そんな音しないか…笑)

 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください