山口縣護國神社(令和2年夏)

 

護國神社は特別

常栄寺・雪舟庭に向かっている途中、

偶然か、必然か、

山口縣護國神社が見えて来ました。

僕たちは数年前に一度参拝しているので、

今回は予定に入っていませんでしたが、

やはり御英霊の方々を祭る護國神社は、

特別な存在、スルーする気にはなれません。

妻の、「行きたい!」の一言にも後押しされ、

そのまま駐車場へ。

御社殿へ

山口縣護國神社の駐車場は、

神社の境内、御社殿向かって右端にあり、

素晴らしく整備されているので、

「駐車場問題」は全くありません(笑)

大鳥居。

鳥居前、向かって右側の燈籠。

左側の燈籠。

清浄な手水舎。

御社殿へ。

護國神社ならではの広々とした境内です。

石畳の交差点(笑)

右に行くと駐車場、

左に行くと社務所となっています。

拝殿にて参拝。

御祭神の中には、御英霊とともに、

吉田松陰、大村益次郎、

高杉晋作、久坂玄瑞など

山口県出身の幕末の志士たちも

いらっしゃいます。

慰霊碑へ

護國神社ですから

多くの慰霊碑があります。

母子像。

満蒙開拓少年義勇軍の拓魂碑。

「あゝ特攻」碑。

プロペラ、錨、砲弾碑。

歩兵第四十二連隊史刊行記念碑。

「永遠不滅」碑。

戦争裁判殉國烈士之碑。

拝殿前のツーショットで参拝完了。

御祭神目線からの境内を撮影して、

護國神社参拝は完了です。

 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください