大和の森(福岡県篠栗町)前編

 

トレッキングは必然

福岡市の南側、篠栗町にある若杉山。

ここには「大和(やまと)の森」と呼ばれる

巨木杉が何本も生息している

2Kmほどのトレキングコースがあります。

トレッキングや登山を

趣味とされている方は

巨木はそのついでに見るもので、

あくまでもトレッキングや登山が

目的ですが、

体力の無い僕たちは、

トレッキングや登山は

できれば避けたい派(笑)

しかし、僕たち(僕だけ?)が好きな

巨木や城跡が山中にあるならば、

そして、現地まで車で行けないならば、

必然的にトレッキングや登山を

やる事になるのです。

大和の森は、事前の情報で、

約2km、1時間半の

コースだと知っていたので、

それなりの覚悟を決めての(笑)

スタートです。

若杉楽園キャンプ場

太祖神社下宮から車で10分ほど山を登ると

若杉楽園キャンプ場に到着します。

ここは、駐車場兼キャンプ場になっていて、

駐車スペースなのかテント設置場所か

見分けがつかず、というよりも

どっちでも良いのかも知れませんが、

最初に車を停めた場所では、

いきなり近づいてきた人に

「ここに止めるの?

ここにテント張りたいんですが」

そんな言い方をされて

何となくもやもやしながら

車を移動させたり、

鳥居前に立ちふさがるように

テントを張った人もいて、

できれば、駐車場と

テントを張るスペースを

区分けして欲しい気分になりました。

まあ、「無料」なので、仕方ないかな(笑)

太祖宮の神額が掛かった鳥居。

若杉山の頂上付近には

太祖宮上宮が鎮座しています。

駐車場(キャンプ場)の端には、

大山祇(おおやまずみ)神社があり、

登山者の安全祈願には

もってこいの神様がいらっしゃいます。

もちろん僕たちも

山に入る前に山の神様に参拝。

そして、駐車場から徒歩5分、

いきなり森の入口が見えてきます。

案内図の赤い線で描かれた部分が、

「大和の森遊歩道」という

トレッキングコースになっていて、

この地図を見たからには安心だと思い、

舐めた気分になってしまったのが、

後に迷う原因になるのですが、

この時はそんな事も知らず、

ただ舐めまくっていました(笑)

綾杉

ここで僕たちが目指すのは、

名前が付けられた5本の巨木杉。

綾杉、トウダの二又杉、ジャレ杉、

大和の大杉、七又杉の順番で

巡っていきます。

入口付近にはすでに

綾杉の案内があります。

あたり一面、杉林。

綾杉に到着。

神功皇后が分けて

植えた杉で出来た山なので、

分杉山となりそれが訛って

若杉山と称するようになったそうです。

名前の付いた杉には、

木の大きさが分かりやすい

案内板が設置されています。

別角度から撮影。

この「コブ」感、

やはり御神木です!

大きさの比較も忘れません(笑)

この道は太祖宮上宮への

参道でもあるので、

鳥居もあります。

トウダの二又杉

二本目は綾杉から

5~6分登ったところにある

「トウダの二又杉」です。

ん?三又杉を発見。

反対から見ると二又です。

これが「トウダの二又杉」でした。

実際には三又なのに

二又と命名されたのは、

なんか意味があるのでしょうか?

確かにここからだと二又ですね。

そして、杉とは無関係ですが、

少し行くとこんな大岩に出くわします。

落ちてきそうだったので、

妻に支えてもらいました(笑)

無名の杉たち

この森には、名前が付けられた

幸運な大杉以外にも

見応えある杉たちが暮らしてます。

道端に根を張る大杉。

生命力を感じますね!

別角度からも撮影。

こちらは歩道の奥にある三又杉。

先程のトウダの二又杉に

負けず劣らずの大きな杉の木です。

いつかは「三又杉」の名を冠して欲しい

一本でした。(後編へ続く)

 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください