猫地蔵(2019年福山の旅)

 

退治された妖怪を祀った祠

昔から妖怪話は多々あるもので、

そんなもの珍しくもないという位、

日本人なら夏の風物詩

みたいなものです(笑)

そんな妖怪話にまつわる

珍しいものを発見しました。

それは、退治された妖怪を

祀ったお地蔵様です。

猫地蔵へ

相方城へ行った際の

副産物的な観光になったのは、

猫地蔵という名の祠でした。

この通行止めの看板を見て、

車でこれ以上先には行けないと知り、

近くの広場に車を止めるとすぐ傍で

偶然見つけたのが、猫地蔵という祠です。

ここに書いてある「尾道の浄土寺」といえば、

国宝の本殿と多宝塔で有名なお寺で、

3年ほど前に訪問した時の

多宝塔(右)の写真がこちらです。

ここの鳩は豊富過ぎる餌のお陰で、

みんな凄いデ○だった・・・(笑)

そんな由緒あるお寺で、

妖怪騒動が起きたそうで、

その妖怪の正体だった猫を退治した際の

猫を祀った祠が猫地蔵です。

案内板には、

元々親猫が祀られていたのは、

ここからもっと山側の「紙屋谷」という所で、

それを子猫が祀られていたこの地に遷し、

子猫と一緒に祀ったと書かれています。

親子が一緒になれて良かったですね。

お地蔵様の両脇には猫がいて、

その前には、猫の石像もあります。

子猫でしょうか、可愛らしいお顔です。

反対側のも子猫のようです。

こちらは親猫?

こんな猫もありました。

妖怪を退治した、

備後一円で名を馳せた弓の名手

千葉修理之進のお墓も

この近くにあったことは、

このブログを書いて知ったことで、

行ってみたかったかも?

福山、また行くしかないか~(笑)

 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください