2018/04/09

久留米城の桜(福岡県久留米市)

 

お城と桜の関係

春になり、桜の季節がやってくると、

お城と桜のコントラストで、

素敵な風景が見られます。

但しお城好きならばですが(笑)

でもそれ以外の季節には、

桜の木で、石垣や石段などが

隠れてしまい、

あ〜桜なんて植えなきゃ

よかったのに…な〜んて思ったり(笑)

僕は本当に我がままな奴ですね(汗)

それでも桜があるからこそ

お城を訪れる人も多いわけで、

そして、経済的効果も

出るというもの。

僕も桜が無ければ今回は、

訪問していなかったでしょうし。

でも僕はお城で、

お金使っていなかったかも?

いや、

城内の神社でお賽銭10円納めました!

良かった!

経済的効果の一翼になっていた(笑)

久留米城へ

福岡城での桜の写真撮影を終え、

向かったのは久留米藩主、

有馬氏の居城だった久留米城です。

競馬の「有馬記念」の有馬さんです(笑)

以前久留米城跡で「有馬記念館」を発見し

そこで、有馬記念=藩主の子孫が

始めたものと知りました。

話題が横道に行きそうなので、

話しは久留米城と桜に戻します。

まずは、素晴らしい石垣と桜から。

高石垣と桜。

ここは久留米城の表門向かって右側で、

堀と石垣が残っていて、

秋には紅葉も楽しめます。

お堀端からの石垣と桜。

桜アップ。

桜の「どアップ」(笑)

表門から。

表門向かって左側の石垣と桜。

冠木御門の石垣と桜。

ここから城内に入っていくと

本丸御殿の跡には、

篠山(ささやま)神社が鎮座しています。

拝殿で参拝。

ここで10円の経済効果を生む(笑)

拝殿から離れて建つ本殿。

いつ見ても篠山神社の本殿は

本当にカッコいいな〜!

ここには初代藩主の、

有馬豊氏(とようじ)はじめ

その他藩主が四人、いや今は神様なので、

四柱が祀られています。

駐車場上の石垣と桜。

久留米城の桜の撮影スポットとしては、

表門方面がメインで色んな角度から

桜が楽しめますが、

本丸周辺にも桜がたくさん植えてあり

見応え十分でした。

今日の癒し

快晴だったこの日、

お堀の水面に写った桜と

青空にもなんだか心癒されました。

生きるか死ぬか、

戦うための砦だったのが、

今では、こんなのどかな風景を

の〜んびり楽しめるなんて、

昔の武士たちが見てたら

どんな思いなんでしょうね(笑)

 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください