府内城仮想天守イルミネーション(大分市)

 

旅程変更を楽しむ

事前に調べていても

やはり現地に行って体験すると

思わぬものに出会ったりします。

僕たちは府内城に行って初めて

仮想天守イルミネーションの事を知り、

それを見るために旅程を変更し、

臼杵市での滞在時間と

訪問場所を減らしたのです。

結局この判断は大正解でした。

臼杵市は想像以上に

見どころが満載の町で、

たった数時間の散策では、

到底回りきれない事が判明し

今回カットした場所も含め、

次回の旅を考える事が出来ました。

そして、たまたま出会った

仮想天守イルミネーション、

こちらも想像をはるかに超えた、

大分市渾身の作品で、

素晴らしい現代美術を堪能出来たのです。

旅の計画は大切ですが、

予定変更もそれ以上に大切かも(笑)

仮想天守イルミネーションへ

大分駅から午前中歩いた道を

府内城へと向かいます。

お~櫓もライトアップされて

雰囲気は抜群ですね!

いきなり気分を高揚させられ

期待感も高まる中、城内に入ります。

す、素晴らしい~!

圧倒的な迫力です。

天守台からも撮影。

ライトアップを楽しむ、屋根付きの場所も

準備されていたり、

おもてなし精神抜群です。

やりますね、大分!

天守台から正面を撮影。

最上階のアップ。

興奮気味に(笑)ツーショットも撮影。

府内城を訪問し

たまたま仮想天守イルミネーションを

知ることが出来て、

本当に僕たちはラッキーでした。

想像を遥かに超えた、存在感に

これからの府内城の遺構整備が、

楽しみになってきました。

大分駅に戻る途中も楽しめます。

昼食をとった府内珈琲も

ライトアップされて良い雰囲気でした。

大分駅前の通り。

庇の裏までイルミネーションが装備され、

ここの景色もまた格別です。

大分駅に到着。

ここから普通列車で帰路につきます。

中津駅

途中、中津で列車を乗り換えのため

ホームで待ちました。

中津は特急停車駅。

ここで、発見したのが、この看板です。

中津と言えば、鱧(はも)料理!

臼杵と言えばふぐ料理と同じように

地元の特産品と言えるでしょう。

以前、僕が結婚式の仕事をしていた時、

大変お世話になった

素敵な女将さんが切り盛りする料亭、

「筑紫亭」の名前を発見して

旅の終わりなのに元気が出てきました(笑)

「日本一長いハモの椅子」

この発想と、おもてなし感に感動です。

良かったな~中津駅乗り継ぎで!

小倉行きの列車が到着。

その後、小倉で乗り換えて

乗り継ぎは完了です。

今回の大分市、臼杵市の旅は、

府内城仮想天守の思わぬサプライズと

臼杵の赤猫との出会いなどてんこ盛り。

しかしもっと沢山の見どころがある事も

発見してしまいました(笑)

大分、また行くしか無いですね!

 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください