上臼杵駅(大分県)

 

映画で使われた駅

福良天満宮の境内には、

「男はつらいよ」のロケ地がありましたが、

神社から歩いて5~6分ほどの

ここ上臼杵駅も同じく

ロケ地となっていました。

Wikipediaによると

それは、臼杵市のお隣、

大分県津久見市出身の

伊勢正三が作詞作曲し、

イルカ(歌手)がカバーして歌った

「なごり雪」をモチーフとした

大林宣彦監督の「なごり雪」という映画で、

「臼杵駅」としてこの「上臼杵駅」の

外観を使ったそうです。

臼杵市、何気に映画ロケ地めぐりの

聖地かも知れません。

上臼杵駅

僕たちが臼杵市に降り立った

臼杵駅から大分方面一つ手前に

上臼杵駅はあります。

臼杵で最後に行ったスポット、

福良天満宮からは、臼杵駅よりも

同じ地名の「福良」にある上臼杵駅が

近いので、ここから大分駅まで列車に乗り、

本日のフィナーレを飾る

府内城のイルミネーションへと向かいます。

なんだ~この外観は!

めっちゃ素敵じゃないですか!

こりゃ~映画にもなるわな~(笑)

向かって左側の窓なんて、

アルミサッシではなく昔の木枠ですよ。

いつ頃出来た駅舎かは分かりませんが、

かなり古いものと思われます。

この駅舎のお陰で、このブログに

「レトロな駅舎」のカテゴリーを

新設してしまいました(笑)

駅舎前では謹賀新年の和風飾りが

僕たちを迎えてくれました。

しかし上臼杵駅の歓迎は

これだけではありません。

赤猫の駅長さん!

「二百年に向けて発車オーライ」

二百年とは、駅舎の年齢の事でしょうか?

そして、駅長さんへの給料は、

竹の筒に入れるようになっています(笑)

う♡(すき)プロジェクト

臼杵市にはコンビニよりもたくさんの

ふぐ料理店があるそうです!

ふぐ顔で臼杵ふぐをもらうキャンペーン。

色んなイベントで楽しませてくれますね!

改札を出たところから見た駅舎。

ベンチも木製の古いタイプで、

完璧なコーディネートですね(笑)

レトロ感の嵐に巻き込まれそうなくらい

いい感じですよ。

そんな昔ながらの上臼杵駅、

実は「バリアフリー」を達成しています。

ホームへは改札正面の階段と、

僕が撮影しているスロープがあり

車椅子の方も安心して使えるのです。

そんな上臼杵駅を満喫していたら

大分まで乗る列車の到着です。

亀川(別府市)行き。

僕たちがチャーターしたかのような

誰もいない車内でゴロンとなって・・

いえ、

ちゃんと座っていましたよ(笑)

 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください