人待瀬戸(愛媛・広島県境)

 

海上の県境

広島県の御手洗地区

この日一番の旅の目的だった

僕たちですが、

御手洗地区のある

大崎下島から、

二つの小さな島を橋で経由し、

岡村大橋で繋がっている

岡村島が愛媛県と知ったのは、

この旅を計画し始めた時でした。

しかもその県境は海の上、

なので、そこを渡る橋の途中に

県境があるのです。

「広島の旅」と思っていた所に

いきなり、

「超お手軽四国旅行」が出来ると知り、

少し興奮していました(笑)

広島市内~御手洗地区を

往復するだけでも

車で4時間ほどを費やすので、

ゆっくりもしていられませんが、

ちょっと駆け足ながらも

岡村島まで足を伸ばしたのは、

大正解でした。

人待(とまち)瀬戸へ

御手洗地区の無料駐車場から

対岸の愛媛県岡村島の

人待瀬戸へ向けて出発。

人待は、「ひとまち」ではなく、

「とまち」と読むのには、

ちょっとビックリ(笑)

この日の車は、

昨秋の佐賀旅行で借りたのと同じ、

新型の日産デイズで、

アラウンドビューモニター付き。

これに慣れてしまうと、

装備されていない車が、

不便に感じられるほど重宝します。

人待瀬戸に設置された案内板。

展望所。

展望所の中へ。

縁結びスポットですね。

いきなり現れる頑丈なステンレスの

「縁結び木札収納箱」と「料金箱」。

何だか現金輸送車の

ジュラルミンケースを

想像してしまいます(笑)

県境の橋を臨む幸せの鐘?

多くの方々が縁を願って

木札を結んでいます。

県境へ

橋の中間部分が、県境なので、

歩いて行ってみます。

人待瀬戸は愛媛県側なので、

ちょっと広島側に逆戻りして、

橋の上の県境へ向かいます。

ここが県境。

妻の半分は愛媛県、

半分は広島県(笑)

何故か県境でシコを踏む

相撲好きな妻。

青空の下、橋の上の県境体験、

爽快でした(笑)

岡村大橋の遠景を撮影し、

次なる目的地、

ナガタニ展望台へ。

 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください