三田尻塩田記念産業公園

 

きかっけは、橋と煙突。

最近旅の目的地設定で、

特にお世話になっているのが、

近世以前の土木・産業遺産

というサイトです。

その中で見つけたのが、

山口特有、というか防府市など

塩田があった瀬戸内海沿岸にしか

見られない石刎橋です。

独創的なデザインに目を奪われ、

この橋が、現役のものと、

ここ三田尻塩田記念産業公園に

移設されたものとがあり

しかも公園には、塩田で使用された

登録有形文化財の煙突まであると知り、

行くしか無いと思いたっての旅でした。

もちろん、他にも沢山目的はありましたが、

やはり最近のブームはやはり石橋です(笑)

館内へ

防府市の山あいに鎮座する

宇佐八幡宮から車で20分ほどで、

海岸近くの三田尻塩田記念産業公園に

到着しました。

駐車場の防府市内観光案内図。

この前に参拝した宇佐八幡宮は、

案内の上の端っこにあり、

ここ三田尻塩田記念産業公園は、

下の端っこですね。

エントランス。

本館前の案内板。

そして、

入場者は、僕たち二人だけ。

館内に入ると目の前にあるのが、

大な円柱はポーランド岩塩の塊。

舐めると塩の味がするはず(笑)

三田尻の塩田などについての

展示がたくさんあります。

外国の塩の採取方法。

入浜式塩田での製塩方法を

詳しく紹介。

昔塩田だった土地も

今では工場地帯です。

防府の神話。

塩田の歴史。

館内の掲示物の多くには、

ふりがなも付けられ、小学生でも

わかりやすい説明が書かれていて、

僕にとっても有り難い限りでした(笑)

塩田へ

ここの凄いところは、

江戸時代から続く塩田を

完全に再現しているところです。

「塩田地場」の案内。

三人の方が、びくともせず

働かれています(笑)

この光景をみながら思い出したのが、

館内に張られていたこの案内です。

体験が出来る?

だったらしたいかな(笑)

と思っていたら案内の方が、

親切にも

「これをやってみませんか?」

と勧めでくれたのがこんな姿です。

役に立っているのかいないのか(笑)

ちょっと持っただけでも重たいのに、

これを一日やるのは、重労働。

というか、塩田の作業自体全てが、

正直、超重労働で、僕だったら

10分も持たず倒れるでしょう・・・

「浜屋」の説明。

浜屋の復元建物。

「大壺」

説明にプラスして、

図解まであるのが嬉しい。

「釜屋」

釜屋の説明。

ここで塩水を煮詰めます。

夏の作業は・・・否、年中、

死ぬほど疲れそう・・・

とにかく重労働のネガティブな場面が

多々浮かんで来ます(汗)

明治に入って写真のような

鉄板になったようですが、

江戸時代は、石窯でした。

復元された石釜は、

徳島県の鳴門市にあり

その写真と石釜の石が

参考に一つが置かれていました。

釜屋煙突

この石釜の石を使って出来たのが、

こちらの建物です。

石を横に並べていますね。

その全体像がこちらです。

これが石釜の石をパーツとして

造られた釜屋煙突で、

素晴らしいアイディアの再生利用ですね。

釜屋煙突の説明。

煙道の名残が下に残っています。

枡築らんかん橋

冒頭にも書きましたが、

この三田尻塩田記念産業公園を

訪問したきっかけは、先程の釜屋煙突と

枡築らんかん橋を実際に

見てみたかったからです。

山口特有の石刎橋である欄干橋、

やはり実物には感動しました。

塩田側から見た橋。

元の場所からここに移設し

大切に保存されています。

デザイン性と機能性を

両立させた橋の秀作ですね!

案内。

昔は欄干(てすり)が付けられていたので、

らんかん橋という名前だそうです。

案内と同じ角度で撮影。

橋の下から。

真下からだと構造もよくわかります。

通行は出来ませんが、

上からだと「欄干」の名残の

穴までが良く見えます。

ここで、三田尻塩田記念産業公園の

散策は終了。

次なる目的地は、「現役」の欄干橋で、

移設され、整備されたものとの違いなど

かなり期待大です。

いただいたお土産

入場時にいただいた塩。

家に帰って天ぷらにこの塩をつけて

食べてみたら、それは、それは美味でした!

三田尻塩田記念産業公園さん、

素晴らしいお土産をありがとうございます。

今日の注目

僕たちは、館内に入ってすぐ左手に

いきなり怪しいものを発見していました・・・

お化けの手が出た~~(汗)

いえ、ゴム手袋でした(笑)

職員さんの話だと、

たまに来館者から

「怖いからこんな干し方やめて」

と言われるそうです。

僕はユーモアあって大賛成なんですけどね。

 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください