ノースフロントホステル(福知山市)

 

ゲストハウス初体験

僕がホテル選びをする時に

一番重要なのは料金です(笑)

最近はネットでの競合が激しいせいか、

清潔な部屋で、

設備も整っているホテルでも

思った以上に安く泊まれるのは、

本当に有り難い限りですね。

そんな中、福知山での宿泊に選んだのは、

人生初体験の「ゲストハウス」です。

何だか若者が集う場所みたいで、

ゲストハウスなんて、僕たち還暦夫婦は、

浮いてしまいそうなネーミングです(笑)

しかし、

宿泊サイト「じゃらん」の割引で、

ツインの部屋が6.450円、

さらにキャッシュレス5%還元で、

6.128円になるならば、

一晩くらい浮いた存在でも

まあ、いいか~

なんて気持ちにもなれます(笑)

そんなゲストハウスで、

僕たちを待っていたのは、

温かいおもてなしと、

冷や汗物の僕の失敗でした。

ゲストハウスへ

兵庫県朝来市から

京都府福知山市までは、

車で山越えをして約50分、

30Kmほどの距離です

ゲストハウスという名前に

ちょっと緊張しながらも(笑)

グーグル先生の導きで無事到着。

旅館をリノベーションしたという

3階建てのゲストハウス、

ノースフロントホステル」です。

チェックインする前に、

まずは、フロントの方から

駐車場を案内してもらいました。

このフロントの方が、

ちょっとお洒落ないい感じの若者で、

対応も優しく、妻はそれだけで、

テンションが上がっていました!

ゲストハウスにして正解かな?(笑)

翌朝撮った駐車場。

日が落ちていたチェックイン時には、

既に両隣に車がいて、

少し狭かったせいもあり

バックで停めるのに

少し時間がかりました。

妻曰く、

「フロントの方が心配そうに見ていた」

そうです(笑)

妻は僕の運転ではなく

フロントのお兄さんを

ずっと見ていたんですね(笑)

まあ、還暦親父の運転ですから

擦らなかっただけでも

及第点ですよ!(自画自賛)

客室へ

駐車場から50秒くらいで、

再びゲストハウスに戻りチェックイン。

この時、お兄さんからは、

次の案内がありました。

「23時~翌10時までは

スタッフがいないので、

ドアノブ下の暗証番号を入力して

建物の出入りをする事。

従って朝10時までに、

チェックアウトする場合は、

部屋の鍵は所定の箱に入れておく事。」

これがゲストハウスの掟か~!

意外と簡単だな・・・

な~んて軽く思ったのが運の尽き、

翌日僕は大変な失敗を

しでかしてしまったのです(汗)

二階の部屋の前で撮影。

めっちゃお洒落な感性ですね!

廊下を撮影。

僕たちの部屋。

壁面は薄いので、隣の部屋の声は

少し聞こえるものの、ここは角部屋だし

そこまで気を遣う事もなく、

何と言っても部屋の雰囲気が素晴らしく、

また、ベッドのクッションも

体にフィットし、

空調も快適そのもので、

超爆睡の一夜でした。

翌朝のフロントにて

朝食は、前日買っていたパン。

それに、ホテルに常備されている

豆挽きのコーヒーメーカーで抽出した、

無料の(笑)美味しいホットコーヒーで、

これまた快適な朝を迎えたのです。

朝のフロントは

シャッターが閉まっていますが、

そのシャッターもお洒落ですね!

何とソファーのクッションと

妻の持っているポーチのデザインが

同じだったので、記念撮影です。

そして、無事チェックアウト・・・

いや、おまけがあります(汗)

僕はフロントのお兄さんの

このお言葉をすっかり忘れていました。

「朝10時までのチェックアウトの場合、

部屋の鍵は所定の箱に入れておく事」

・・・・・・

鍵を入れ忘れたのに気づいたのは、

チェックアウトから2時間ほど経過した、

豊受大神社を散策していた時。

幸い、福知山駅方面に戻る

旅のコースだったため、

午後1時過ぎにホテルに戻って、

無事、部屋の鍵を返却完了。

妻を振り回してしまったけれど、

自身の失敗で、忘れられない

ゲストハウス初体験が出来、

また一つ大きな

思い出が出来ました。

メデタシメデタシかな?(笑)

 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください