2018/08/20

志布志の大クス(鹿児島県志布志市)

 

志(こころざし)の多い町

宮崎との県境に位置する、

鹿児島県志布志(しぶし)市には、

「志布志市志布志町志布志」

という住所があります。

珍スポットなどでも

取り上げられたそうですが、

何とも縁起が良い名前ですね!

志(こころざし)が6つもあるなんて。

志望、志気、大志、壮志、立志、同志、

志願、寸志もかな?(笑)

そんな縁起の良い、

志布志市志布志町安楽に鎮座する

山宮神社には、国指定天然記念物の

大クスがあります。

2年ほど前、

僕が巨木に魅かれてから

ここの大クスには是非会ってみたいと

思い続けていたのです。

しかし、

その思いがようやく叶うというのに

空には雲が多く、

しかも霞んでいて、

夏の青空の下、

大クスの写真を撮る自分を

勝手に(笑)想像していた僕は、

少し残念な気持ちになっていました。

ところが、現地に着くなり、

思わぬラッキーに

遭遇する事になったのでした。

志布志の大クスへ

福岡の自宅を車で出発したのが、

早朝4時半。

400Kmほどの道のりを

ドライブすること約5時間半、

志布志の大クスがある山宮神社に

到着しました。

そして、僕たちの到着を

神様が大歓迎してくれたかのように

曇っていた空は、

快晴となって、広がっていたのです。

ラッキー過ぎますね!

そのラッキーがこちらの写真です。

雲一つない快晴の空と境内前。

いきなり大クスとご対面です。

一本、棒が立てられ、

木の枝を支えていますが、

宮司さんのお話によると

かつてこの「棒」は6〜7本も

あったそうです。

それが、

木のお医者さんに診て貰った時、

支えがあると木の幹がその支え棒に

食い込んで、逆に木を痛めてしまうし、

支えが無くても

木は独り立ちするものと教えられ、

今はこの1本になっているそうです。

人が、誰かに支えて貰えばもらうほど

頼ってしまい自立出来なくなって、

逆に本人の為にならないなんて結果に

なってしまうのと同じかも知れませんね(笑)

樹齢は800〜1300年。

僕が見た感じでは、

1000年といった所かと思います。

早速、大きさの比較写真を撮影。

やはりこうして眺めると、

巨大さが引き立ちますね!

そして、1000年ほどの樹齢なのに

樹勢が良くて生き生きしています。

そして、動画だとこんな感じになります。

大きさに圧倒されますね。

幹のアップ。

根っこもスゴイ迫力です。

象の足?(笑)

根と幹の境目が分からない。

木の周囲には、

根っこを痛めないよう、

木製の回廊があります。

境内からの遠景。

おみくじを大クスの前に

結んでおくと、

何かご利益ありそうですね。

大クスへの参拝路。

このパイプにお賽銭を入れると、

大クスの中の賽銭箱に転がって

入るしくみになっています。

もちろん僕たちも

「志」を納めて、

しっかりと御神木の精気を

いただきました。

そして、ここには

イベントもあります。

木槌で二回打つと、

何か良い事が起きるそうです。

妻がやってみたところ

この後、驚きの良い事が起きたのです!!

それは、次回の山宮神社参拝編にて、

お話ししますので、乞うご期待(笑)

 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください