2018/01/28

武雄神社の大楠(佐賀県武雄市)

 

最先端の街、武雄市

佐賀県武雄市は、市の図書館にTSUTAYAが入って運営したことで

全国的に有名になりました。

それを推進したのが当時の武雄市長だった樋渡(ひわたし)氏。

樋渡氏はTwitterやFacebookなどのソーシャルメディアを自治体に活用した先駆者でもあり

全国から多くの視察団がやって来ていたようです。

しかしそんな時代の寵児(ちょうじ)とも言われていた樋渡氏ですが、

後の佐賀県知事選挙では落選していました…

遠くから見ると素敵だな〜と思う所しか見えないけど

近くで関わると、そうでないところも見えるのが人間ですよね!

そんな人間くささ溢れる(笑)武雄市役所のすぐそばで

武雄神社の神様は人間を見守っています。

武雄神社へ

主祭神は300年以上生きて、6代の天皇につかえたという

武内宿禰(たけのうちのすくね)

そして、武内宿禰と言えば必ず出て来るのが神功皇后。

もちろん神功皇后も武雄神社の祭神の一柱となっています。

余談ですが、僕が育った福岡市東区の香椎(かしい)には

武内宿禰の子孫が住んでいて、名前も「武内」(たけうち)君でした。

神社の入口

一の鳥居は「肥前鳥居」です。

一の鳥居をくぐって少し上がり、右をみると「夫婦杉」(めおとすぎ)があります。

そして、この杉のイベント「宝来鈴の奉納」もちゃんと用意されていますよ!

説明書きの通り鈴緒(すずのお)に願いをこめた鈴を結び、拝礼するというもの。

近くには現役の鈴緒意外に過去使用した鈴緒が何本もありました。

願掛けに鈴が満杯についていますね!

僕たちは全部願いが叶っているので(笑)、願掛けはぜず本殿へ向かいます。

本殿敷地に上がる最後の階段から見た鳥居のシルエット。

ワクワクさせてくれる光景です。

階段を登って逆側から順光での撮影。

これも趣(おもむき)があり過ぎる(笑)肥前鳥居です。

境内の説明は文字と、イラストでとても分かりやすかったです。

拝殿で参拝。

左が本殿、右が拝殿。

境内社の城山稲荷神社と塩釜神社

大楠へ

ここからいよいよ大楠に向かいます。

この道を奥に進んでいくと、今回の目的「大楠」があります。

樹齢三千年とも言われていますが、それ以上に存在感に圧倒されます。

ライトアップ装置もあって、きっと夜は昼以上に幻想的な雰囲気になるのでしょう。

武雄神社の御朱印も2ページに渡ってこの大楠をフューチャーしております。

こちら「大楠フューチャー御朱印」は初穂料500円ですが、

通常の神社名だけの御朱印ですと、300円です。(平成28年7月現在)

やはりここでもツーショットは欠かせません。

なんだか妻の頭のてっぺんから木が生えているみたいですね(笑)

今日の癒し

「歩射(びしゃ)みくじ」

的に当たっても外れても幸運はやって来そうなところに癒されました!

 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください