2017/12/27

伊野皇大神宮へ参拝

 

就活

昨年、会社倒産後、半年の心のリハビリ期間と言えばカッコいいですが、

ただぼーっとしている毎日を終え、ようやく就活を始めたのが6月末。

就活といっても普通車の運転免許と会社を倒産させ自己破産した肩書き以外には

何の資格も無しという57歳の僕がどの程度通用するのか….

人生で婚活も妊活も就活も今まで一度もやったことが無いのに大丈夫か?

そう思い面接を受けた第一社目が現在、非正規パートとして働いているスーパーマーケット。

意外にも肩書きは通用したようでした(笑)

その面接の翌日、お盆までの期間パートを募集していた運送会社に高い時給が魅力で(笑)

面接に行ったのですが、約束の時間までかなり余裕があったので、

面接場所の近所にある伊野皇大神宮に参拝しました。

余談ですが、その後の面接では30Kgくらいの荷物もあると聞き、

あ〜そんなの絶対無理!と即辞退を告げ退散しました(笑)

パワースポット

神社の前の道路を一歩入ると別世界が広がっています。

神社での神前結婚式の仕事をしていたころ一度参拝したことがありましたが、

妻と二人で訪れるのは初めてでした。

入口付近にいきなりパワースポットがあります。

夫婦杉(めおとすぎ)といって幹は二本なのに根っこの部分は繋がって一つなので、

夫婦和合、家庭円満の守り神として崇敬されているようです。

最初の階段を上り切ると異空間です。

昔のお手水でしょうか、苔も素敵でした。

拝殿で参拝

拝殿(右手前)と本殿(左奥)

そして、左上本殿の屋根の上に見えているのが大神宮(天照大神を祀っています)です。

今、改めて由来を読んでみると、ここに書いてある「立花道雪」「小早川隆景」はこの近くの

立花山城の城主だったな〜なんてことが分かる自分を発見。

実は先日、立花山城へ行った時この二人のことを知ったのですが、

人は幾つになっても新しい知識が増えるものですね!

ちなみに下は立花山城跡からの景色です。

福岡市が一望出来るまさに山城にはうってつけの場所。

伊野皇大神宮はここから左手前の方角になります…なんて説明が必要かどうか(笑)

話しは戻って、上にある社殿は伊勢神宮と同じ造りです。

伊勢神宮に倣い20年に一度の式年遷宮をやっていたそうです。

こちらが次回の遷宮予定地です。

最後に恒例?二人の写真を自撮りで撮影して参拝は完了。

今日の癒し

滝の音

この境内で滝の音を聞いて身も心も癒されました。

 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください