2017/10/29

菅原神社(福岡県みやこ町)

 

村の鎮守様

小さな森の前に鳥居があるというのは日本のどこでも見る景色で、

その多くは、昔から「村の鎮守様」として地域に方々に崇敬され、

大切にされて来た神社です。

そんな村の鎮守様的な神社の一つを

本庄の大楠からの帰りがけ、みやこ町あたりで(多分みやこ町…笑)発見。

菅原神社へ

道路の反対側、川の向こうに見える楠の森。

その森の前には鳥居が見えます。

清流と言うのにふさわしい、透き通った流れが気持ち良い川です。

僕たちは橋を渡って行ってみることにしました。

鳥居の神額を見ると菅原神社と書いてあります。

境内では樹齢100〜150年くらいの楠たちが迎えてくれました。

だんだん見えて来た拝殿の綺麗な屋根瓦。

狛犬のこの浸食ぶりは江戸時代くらいの作品かもしれません。

笑っているような、○○○を我慢しているような吽形の狛犬。

参拝。

菅原道真公を祀る神社なので、屋根瓦の御神紋もやはり「梅」です。

重厚な屋根瓦でとても手のこんだ造りになっていて、

これを見るだけでもここへ来た意味があったというものです(大袈裟か?)

左が幣殿、右が本殿。

この本殿がまた渋くてかっこいいのです!

屋根のてっぺんには縦削ぎの千木(ちぎ)と、

奇数(5本)の鰹木(かつおぎ)で

男性神であることを意識した造りになっています。

この角度から写真を撮ると、

拝殿のえび茶色の屋根瓦と本殿の茶系の素朴な色、

楠の緑と青空のコントラストが素晴らしいですね。

よく見ると、左端に僕たちの車もちっちゃく参加していました(笑)

その後、神社の御祭神である菅原道真公の石像にもご挨拶。

最後は、いつものツーショット(笑)

今日のサプライズ

銅製注連縄(どうせいしめなわ)にビックリ!

奉納碑を見て銅で出来た注連縄だと知りました!

やはり名札は大切です(笑)

近くの田川市に採銅所がありますので、そこの関係やからの奉納なのでしょうか、

銅でこんなものまで作るとは、凄いものですね!

 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください