淡島神社(福岡県築上町)

 

少彦名命(すくなびこなのみこと)

大国主命とともに国作りに邁進した神様、

少彦名命は、医療や、安産の神様として祀られています。

全国の淡島神社にはこの少彦名命が祀られていることが多く、

今回行った淡島神社には御由緒書きなどはありませんでしたが、

多分、この神様がいらしたのではないかと推察しています。

淡島神社へ

岩戸見神社から貴船神社へ行く途中、道ばたに出ていた

「淡島神社」の看板が目に入ってしまい、

これは参拝しておかなきゃ!と足を運びました。

僕たちの目は「神社」の文字は他の文字よりもはるかに多く

キャッチ出来る構造になっていて、

今回も時速40キロくらいで走っている中一発キャッチ(笑)でした。

左は車道、右が歩道の参道。

平行になっているので、車道を歩いても歩道かな?(笑)

鳥居をくぐると右側にこんな手水舎があります。

昔のお風呂のような色のタイル張りの中に石をくり抜いた手水鉢、

澄んだ池とのコントラストが実にいい雰囲気を出していますね〜!

池に向かって立っている鳥居が気になりました。

日本書紀や古事記によると少彦名命は舟に乗って

海からやって来たといいますので、

同じ水つながりで、舟でやってくる神様をお迎えするためのものかも知れません。

そんな想像をたくましくしつつ拝殿に向かいました。

ガラス戸が昔ながらの木枠で出来ていて、

この古さがまたいい味を出しています。

(左奥のはサッシですね…笑)

そして、その隣にはこんな境内社がありました。

名前からしてこの中には「ナニがある」かは分かりました(笑)

妻はそんな「ナニ」を嫌がるので、写真はアップしませんが

巨大な「ナニ」がそびえていました!

でもちゃんと参拝は二人でしましたよ(笑)

粟島神社の裏側はかぐや姫が生まれて来そうなくらいの美しい竹林です。

光る竹を探しましたが、今回は見つからず(笑)

参拝が終って振り返ると、こちらも竹林に勝るとも劣らない

素敵な風景が広がっています。

まるで箱庭と言っては言い過ぎかも知れませんが、

きっと昔の人たちもこれに似た光景を見ていたんでしょうね!

今日の癒し

阿形の狛犬に癒されました!

やんちゃ坊主(笑)

 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください