2020/03/01

起点は大阪(令和2年冬旅)

 

目的は京都、宿泊は大阪

福岡(博多・小倉)出発の場合、

大阪宿泊の新幹線パック旅行は、

驚くほど安いものが出ています。

今回、京都の旅で利用したのは、

「南海国際旅行」の商品で、

博多~新大坂往復(ひかり号)に

大阪での宿泊がセットになって、

16.500円。

二人でも33.000円です。

(令和2年2月現在)

正直、宿泊については、

期待していませんでしたが、

ちょっとしたサプライズもあって、

超快適な一夜を過ごせたのも、

旅の思い出になっています。

京都から大阪へ

旅の一日目、

京都の吉田神社の参拝を終えて、

近くのバス停に向かいます。

吉田神社は京都大学のご近所。

最寄りのバス停「京大正門」から

バスに乗って、四条河原町まで行き、

阪急の京都河原町駅から乗り継いで、

大阪のホテルを目指したのですが、

ここでハプニング発生(笑)

ホテル名を

「オリエンタルホテル」という名だけ

記憶していたので、

多分、

「なんばオリエンタルホテル」だと思い、

そこを目指していたのですが、

大阪市内に入ったころ

「ひょっとしたら名前違うかも?」

そんな不安が気持ちがよぎり

調べて見ると・・・

「ニューオリエンタルホテル」

ではありませんか(汗)

気づいた駅が運良く

「ニューオリエンタルホテル」近くの

本町駅だったので、慌てて電車を降り、

ギリギリセーフ(汗)。

本町からは乗り継ぎの地下鉄はパスし、

ホテルまで歩いて行くことに。

途中、小洒落たスーパーで、

酒盛りの準備も完了し、

無事「オリエンタルホテル」(笑)に到着。

そして、フロントで、

チェックインの手続きをしていたら、

ここでサプライズが!

「予約はゼミダブルを2人で

ご利用になっていますが、

もしよければ、無料でツインのお部屋に

変更出来ますが、いかがでしょうか?」

何と、神様のお声のような提案が。

広いベッドで一人で寝られる~(笑)

安いパックなのに有り難し!

部屋にあったトリセツ。

何と経営理念には、

幕末の志士、高杉晋作の詠んだ歌、

「面白きこともなき世を面白く」

と書かれているではありませんか!

僕はこの日、京都霊山護國神社

幕末みくじで、「高杉晋作」を

引き当てたばかりですから、

この言葉とのご縁には、もうビックリ!

そして、経営理念通りに

僕たちに嬉しいサプライズを

プレゼントしてくれたホテルの

「有限実行ぶり」にも感服です。

新大阪駅へ

この日は最初に、

新大阪でレンタカーをGETする事。

ニューオリエンタルホテルさん、

快適な一夜をありがとう!!

最寄り駅の地下鉄「阿波座」駅へ。

地下鉄構内にある江戸風案内図。

まずは、本町まで行き、

そこから御堂筋線に乗り換えです。

以前の仕事で、

何度も使った本町駅から新大阪へ。

新大阪にて

地下鉄新大阪駅のトイレ前に、

こんな案内がありました。

「日本トイレ大賞」

何だかハードル上げてるな・・・

そう思いながら利用してみると、

やはりハードルに接触(笑)

メンテナンスは大変なのでしょうね。

大阪は人が多いですから・・・。

スッキリした所で、

すぐ近くの日産レンタカーに到着。

予約時間より少し前でしたが、

すぐに手続きもして貰え、

しかもレンタカーは、

最近お気に入りの最新型の日産デイズ。

今日も一日快適なドライブができそうだ!

 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください