佐世保へ(令和4年2月)

 

合理化のお陰で大吉を引く

今回の旅の一番の目的は、

長崎県北部の都市、

佐世保市のさらに北に位置する、

平戸島の西端、崖上の神社から、

対岸の生月(いきつき)島の

全景を撮影する事。

二番目は九十九島を一望出来る

有名展望スポット「展海峰」からの

絶景を楽しみ、写真に残す事。

この2つのミッションを

完遂するための絶対条件は「晴天」。

しかし、切符を事前予約する場合、

天気予報を見ての計画は不可能で、

全ては神のみぞ知る・・・こと・・・

実は佐世保に行った日、

当初僕達は、福岡・佐賀の

バス旅をする予定でした・・・

しかし、

その旅で使う、「乗り放題切符」が、

バス会社の合理化の影響で、

自宅近くで購入出来ない事を知り、

急遽、日程を前倒しして、

生月島の撮影日に変更したのです。

そして、その結果、

僕達は「大吉」を引き当てました(笑)

朝から夜まで、快晴で、

冒頭のミッションは大成功!

しかも当初予定していた日は、

一日中雨だったので、

この日に旅が出来たこと、

尚更、バス会社の合理化と神様に

心から感謝です!

博多駅にて

地元の古賀駅から博多駅へ。

古賀駅のホームから見た

朝焼けっぽい景色。

この日雲を見たのは、

これが最後です(笑)

博多駅の改札。

人がいない瞬間が撮れたのは

奇跡かも?(笑)

予約したのは、

7時29分発、特急みどり1号、

佐世保行き。

入線。

運転席の日除けには、

「TSUBAME]の文字が・・・

昔、「つばめ号」オンリーで

運転されていた名残を見られて、

ちょと楽しくなりました(笑)

博多~佐世保

外観撮影後は車内へ。

いつもながらの飛行機的な空間。

ネット早得で、博多~佐世保は

片道一人2,040円と格安。

背振山系の眺め。

車内には日差しが溢れ、

とにかく気持ち良い~(笑)

列車の影を撮ろうとしたが、

ただの風景写真に(汗)。

佐賀駅。

車窓からの眺めは飽きません。

武雄温泉駅に到着。

この秋開業の

西九州新幹線の駅が見え、

ちょっと興奮(笑)

ホームの向かいは新幹線との

対面乗り換えとなっています。

(今は柵がしてありますが)

博多から長崎の距離で、

一回乗り換えがある・・・

と捉えるか、

新たな新幹線に乗れるのが、

楽しみ!

と捉えるのかは、

乗ってみないとわかりません(笑)

車窓から眺める奇岩。

有田駅に到着。

向かいに見えるのは、

松浦鉄道のホームと列車です。

佐世保にて

博多駅から約2時間、

車窓からの眺めを楽しんでいたら

あっという間に

佐世保駅に到着です。

隣の駅名は片側だけ・・・。

この先は線路が無い、

いわゆる「盲腸線」の終点、

佐世保駅ならではの光景です。

(この先は松浦鉄道があるので、

JRとしての終点ですが・・・)

向かは松浦鉄道のホーム。

なんか、の~んびりした風景、

心が和む佐世保駅ですね。

佐世保駅前。

ここから歩いてオリックスレンタカーへ。

途中偶然出会った、

蓮如上人御尊像に参拝。

オリックスレンタカーに到着し、

今回の相棒(車)と合流。

ここから展海峰を目指します。

 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください