2018/01/03

松尾城の旅(福岡県東峰村)

 

東峰村の松尾城

この時期に東峰村を尋ねるのはどうなのか?

と正直迷いました。

もちろん7月の豪雨災害で東峰村が大変な状況であることを知っているし

ボランティア活動でもない観光客として行っても邪魔だったり

失礼ではないのか?と考えたからです。

しかしその考えを払拭してくれたのは、僕が参加しているお城巡りを記録するサイト

攻城団」で東峰村の攻城団の団員の方が

「松尾城は被害がありませんし、草刈りもしました。是非いらしてください」

というコメントです!

ウェブの力って凄いですね。

松尾城へ

僕たちの住んでいる福岡県古賀市(福岡市のすぐ東側)から東峰村までは

車で1時間半くらいのドライブ旅行です。

カーナビを使ってと書きたいところですが、

正直、カーナビよりもGoogle先生の方が

かなり正確な道案内をしてくれるので、

今回もGoogle先生にお願いしました。

授業料は無料ですし(笑)

メインの道路から入ってすぐのところに駐車場があります。

写真の左端、グリーンのコーンが立っているところからがお城への道になります。

そして、さらに左側(写真に写っていない)には

豪雨被害に遭われた方々への仮設住宅が建設中でした。

松尾城の案内板

黒田六端城の一つで、一国一城令で400年前に廃城となっていますが、

現在でも多くの遺構が残っておりかなり楽しめそうです。

歩き始めて早速テンションが上がるもの発見!

幟(のぼり)です。

たった二本ですが、

この幟で、「さあ、お城に行くぞ!」と気持ちが高揚します!

ここから右へ折れて登ります。

僕は間違って真っすぐ行こうとしたのですが、

妻がこれを見つけて、「こっちよ!」

と教えてくれたのです。

元々方向音痴だった妻ですが、この数年、前とは180度変わって

道順も良くわかるし、標識も見つけるし、僕が教えられることが増えて来ました。

人は60歳近くになっても思わぬ才能が伸びていくものなんですね(笑)

思ったよりもなだらかで歩きやすい道です。

5分くらい登ると急に視界が開け、

木々の先に松尾城が見えて来ました!

敵を寄せ付けないための

畝状竪堀(うねじょうたてぼり)もくっきりと見えます!

虎口(こぐち)の案内版

分かりやすい図面もあり、とても丁寧に説明されていています。

ここ松尾城の案内は遺構の場所ごとに立っていて、

「地元の方々に大切にされているお城なんだな〜」

という気持ちになりました。

虎口から撮った主郭全景です。

礎石の説明もこんな石のモニュメントになっていて素晴らしいですね!

礎石(建物の基礎部分)

虎口から一番遠い場所にある櫓台の案内。

この山の図の通りが目の前に広がっていました。

櫓台と二股山、英彦山。

そして、この櫓台の先まで行ってみました。

櫓台を敵側(攻める側)から撮影。

櫓台の石垣。

この下は堀切といって尾根に沿って直角に土堀を作ってあり

攻められない工夫がしてあります。

僕もここにはまって出られなくなりそうになりました(笑)

横矢(よこからの敵を防ぐ場所)などの案内です。

北側横矢の石垣

南側横矢の石垣アップ

僕はこんな光景にワクワクするのですが、妻に言わせると

なんでそこまで石垣に萌えるのか分からないそうです(笑)

確かにそうでしょう。

半年前までの僕も石垣の良さなんて

まるで分からんかったですもんね!

虎口を主郭側から撮影

やっぱりツーショットは欠かせない(笑)

僕は笑っているが汗だくです。

松尾城は遺構もしっかり残っていて、また修復も綺麗にされている

素晴らしいお城でした!

今日の癒し

カラスアゲハに癒されました!

太陽光で光って白っぽく写っていますが、綺麗な緑や青に輝いて見える美しい蝶です。

妻と二人でおばあちゃんが蝶になってここまで来てくれたね!と喜び合いました。

 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください