アレイからすこじま(広島県呉市)

 

まじか!

潜水艦を「間近」(まじか!)で

見られる公園、

それが、潜水艦桟橋の前にある

「アレイからすこじま」です。

海上自衛隊 潜水艦隊のサイトによると

呉に所属するのは第1潜水隊群で、

潜水艦は12隻。

他に練習潜水隊が2隻あるので、

合計で14隻となっています。

ちなみに横須賀には第2潜水隊群の

9隻が所属していて、

これらが海上自衛隊の持つ

潜水艦の総数だと思われます。

これが多いのか、少ないのか・・・

排他的経済水域の広さから言えば、

少ないような気がしますが、

防衛費の多くは人件費なので、

現在は、これが適正な数なんでしょう。

駐車場

観光地化されているのか、

アレイからすこじまには、

専用の大きな駐車場があります。

途中の案内も完璧!

駐車場入口の案内には

潜水艦が描かれ、

テンション上がりまくり!(笑)

潜水艦桟橋

駐車場から徒歩3分ほどで、

潜水艦桟橋前に到着。

車道の先にはすでに

潜水艦が見えていますね!

バス停の名前は「潜水隊前」。

潜水艦桟橋への入口。

(一般の人は立ち入れません)

侵入者を防ぐ為の鉄条網が、

ここが軍事施設だという事を

示してくれています。

お~見える!潜水艦が!

ズームして撮影。

さらにズームすると、

人と潜水艦の大きさ比較が出来、

船体はかなりの大きさであるのが

よくわかりますね。

また、手前の潜水艦は、

艦尾のX舵が見えていますので、

そうりゅう型、

左後ろはそうでないので、

おやしお型だとわかります。

位置をかえて撮影。

Wikipediaによると

近日竣工予定の新型潜水艦、

「たいげい」には、

女性自衛官が乗り込めるよう

女性用寝室なども出来るとか。

潜水艦も進化していますね!

こちらは潜水艦桟橋から右側の風景。

手前は、そうりゅう型潜水艦、

後方右には、

F35B戦闘機を搭載可能にするため

将来改装予定の

護衛艦「かが」が見えています。

ちなみに「かが」の艦内神社は、

石川県(加賀国)の白山比咩神社で、

御祭神は「仲直りの神様」

菊理媛尊(くくりひめのみこと)。

日本書紀では、

イザナギ、イザナミの喧嘩を

仲裁をしたとされる神様なので、

戦争が起きないように

うまく立ち回ってくださるかも?(笑)

動画でも撮影。

ここは旧桟橋っぽい場所。

日本軍時代のものでしょうか?

最後は潜水艦とともに

妻の敬礼ポーズで散策は完了です。

 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください