福岡空港にて(令和3年12月)

 

4回目のフライト

飛行機嫌いな夫婦なので、

過去数年間で使った飛行機は

高知に旅した唯の1回のみ。

その1回も帰りの便が欠航となり

結局は片道だけのフライトでした。

ところが、

今年はわずか9ヶ月間で4回、

「利便性と安さ」という麻薬には、

僕達の飛行機嫌いも

完全に麻痺してしまったようです(笑)

展望デッキにて

出発時間まで余裕があるので、

いつもの展望デッキへ。

広くてのんびり出来るのが、

僕達のお気に入りです。

滑走路は手前と柵の向こう側の2本?

ではなく本物は1本(笑)

滑走路1本あたり、

日本一発着の多い福岡空港、

将来は「本物の2本目」が、

出来る予定です。

離着陸の飛行機が、

ひっきりなしに飛び交う風景。

着陸態勢に入った飛行機は、

「光」で確認出来ますが、

その光は、一定間隔で、

次々と途切れなくやってきます。

福岡空港では、

2分あたり1機以上が

発着するというから

管制官の方々の緊張感は、

かなりのものでしょう・・・。

駐機場のフジドリームエアラインズ機。

これに乗るのかな~なんて

妻と会話していたのですが、

結果は違っていました(汗)

出発ロビーへ

のんびり楽しんだ展望デッキを降りて、

出発ロビーへと向かいます。

出発保安検査場を無事通過。

福岡空港の金属探知機の場合、

ベルトの金具には、ほぼ無反応ですが、

他空港ではかなり引っかかります。

どんな仕様の違いなんでしょう?

搭乗口。

展望デッキで見た

黄色の機体は既になく、

少しして紫色の機体が到着、

いよいよ富士山静岡空港に向けて

空の旅の始りです。

 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください