大善寺(広島県三原市)

 

興味のツボ

三原市の大善寺というお寺、

旅の前まで全く知りませんでした。

そんな大善寺に、

今回、行きたいと思ったのは

ここに三代将軍、徳川家光の娘の

立派な宝篋印塔(お墓)が

ある事を知ったからです。

将軍の娘が何故三原に・・・?

しかもその経緯も興味を引くもので、

とにかく体験せずにはいられません(笑)

僕の興味のツボの一つ

「あり得ない事が起きた」

に反応したわけですね(笑)

後から三原八幡宮も加わりましたが、

当初の計画では、

瀧宮神社とここ大善寺の二箇所が

三原での訪問予定場所でした。

大善寺へ

妻のナイスアシストで参拝出来た

三原八幡宮から次の大善寺までは、

僕たちの足でも楽に行ける距離です。

この路地を通りながら

妻と二人して話したのは、

まるで尾道を歩いているみたいという事。

いゃ〜この歩道の狭さ、

尾道っぽいですね!

歩くこと5~6分、

大善寺境内入口に到着。

古い灯籠。

左側の灯籠。

山門。

大善寺の寺号票。

文化財の紹介。

山門の幕は、

徳川家の三つ葉葵の御紋ですね。

ここがただならぬお寺というのが、

この紋で知ることが出来ます。

何故かこの紋を見ると

頭を下げたくなるのは、

昔のテレビ番組、

水戸黄門の影響でしょうか(笑)

浄土宗の開祖法然様の像。

手水鉢は、

寶永六年(1709年)の寄進。

山門入って右側の鐘楼。

自由に入れます。

鐘は撞いてません(笑)

正月なので、

おせち料理が飾ってありますね。

本堂。

参拝。

もちろんここも三つ葉葵の御紋。

幕の真ん中に、

お正月らしく注連縄があるのが、

なんだか心を和ませてくれますね。

本堂を斜めから眺めてみます。

鬼瓦と鯱(しゃちほこ)で、

最強のガードシステムを構築(笑)

瓦もぜ~んぶ葵の御紋です。

月渓院殿之墓

大善寺訪問のきかっけとなった

徳川家光の娘、

「月渓院」のお墓は、

本堂の右側に位置する、

広大な墓地の中にあります。

白壁の土塀で囲まれた一角。

この正面奥が、目指すお墓です。

さらに白壁で囲まれた中に、

月渓院殿之墓があります。

この案内が、

僕の「ツボ」にはまった理由です(笑)

要約すると

「徳川家光の落胤とされる

月姫(月渓院)が、

外様大名の浅野家(広島城主)の

そのまた家老職(三原城主)であった

浅野忠真の側室になったのは、

異例中の異例であった

江戸城内で自分を注意してくれた

浅野忠真に月姫が一目惚れし、

周囲は、大反対だったが、

本人の意志は固く、

幕府は「下賜」という形で授けた。」

下賜ですからね~(笑)

そりゃ~天下の将軍家からしたら

身分が全く違う、

地方の家老職に輿入れとは

言い難かったのでしょう。

石の門も立派ですね。

Wikipediaによると大善寺は、

「寺は月姫の祈願所として

徳川幕府より5000石の

御化粧料を下賜され、

将軍家菩提寺である

増上寺の寺号を賜り

増上山大善寺とされ、

三つ葉葵の使用が許される。」

また、

「このような幕府からの特別な配慮は

他藩には大変羨ましがられ、

「五千三万石」と呼ばれ

財政的にも潤い、

三原の城下は大発展したという。」

このように書かれています。

大善寺と三原の幸運に

正月早々あやかれた僕たちは、

今年は大幸運が、

待っているはずです(笑)

斜めから撮影、

宝篋印塔、確かに立派です!

江戸の方向を向いて

建てられているとか・・・

お姫様もやはり望郷の念は

あったのかも知れませんね。

お地蔵様

お墓の入口にあったお地蔵様。

妻のおばあちゃんが、

生前、よく近所のお地蔵様に

あてしゃん(博多弁で前掛け)

を寄贈していたのを

思い出しました・・・

三つ葉葵の御紋とともに

ツーショット。

妻の頭には、

ミッキーマウスの耳みたいに

三つ葉葵の御紋が(笑)

これで月姫様のご利益も

しかりといただけた・・かな?(笑)

一畑薬師堂

大善寺を出ると、

その端っこ隣に薬師堂があります。

左の小さな建物が、

一畑薬師堂です。

一畑と言えば、

島根県の一畑電車を

思い出しますが、

島根となにか関係があるのかと

調べてみたら「一畑薬師」の総本山が、

出雲市にありましたので、

ここはその分院でしょうか。

従って、

大善寺とは無関係のようですね。

昔の道案内に

「一畑寺道」とありますので、

以前はもっと規模が、

大きかったのかも知れません。

参拝。

ここから三原駅まで歩き、

今日の宿泊地、広島を目指します。

 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください