2018/01/28

神社検定3級を受検

 

自信回復の特効薬

会社を倒産させ、自己破産した僕にとって自信を回復するのに

打ってつけな検定があったので受検してみました。

自己承認への最短コースは

自らが何かに挑戦しそれをクリアしその中で認められる事です。

そして、以前仕事でも神社での結婚式に携わっていて、ある程度神社の知識はあると

思っていたので神社検定を選びました。

検定まで2ヶ月

正直、テキストと受験料で1万円くらいというのが検定問題以前の問題で(笑)

受検しようかどうしようかと考えていたところ検定まで2ヶ月しかなくなっていて

そんな時、妻が「神社検定受けたら!お金はなんとかなるよ!」

とニッコリ微笑んで言ってくれました。

「お金はなんとかなる」に関しての裏付けは全く無いのは分かっていましたが、

金は天下の回りもの、今は天下で回っているだけ(笑)と考え

思い切ってスマホの画面をポチリました。

テキストが来た!

テキストは2冊

この2冊から100問出題されて、70問以上の正解で3級合格となります。

過去問の販売もありましたが、今回はお金が無いのと3級だからテキスト読むだけでも何とかなる

と舐め切った?気持ちの二つで結局買いませんでした。

僕の非正規パートの仕事は午後〜夜なので、早朝からテキストに向かったのですが、

これが眠たくて眠たくて(笑)

神様の名前がたくさん出て、しかも長くて難しい読み方ばかりなのです。

一つ挙げると

彦波瀲武鸕鶿草葺不合尊(ひこなぎさたけうがやふきあえずのみこと)

どうでしょうか?こんな名前のオンパレードです(笑)

それを見ていると(読んではいない状態)催眠術にかかったみたいに目はとろ〜んとしてしまい

ついには寝てしまっているというありさま。

それでも何とか読み続け、結局「睡眠学習法」で準備完了(笑)

検定当日

福岡での検定は学問の神様「菅原道真」が御祭神の太宰府天満宮。

久しぶりに来た太宰府天満宮は快晴!

相変わらず多くの参拝客で賑わっていました。

まずは僕らも参拝

受検の後、二人で発心城(久留米市)に行く予定なので妻は受検中は近所で待機です

そして、受験票がこちら

受験会場は社務所の横

問題はこんな感じ

受検会場で写真を撮っていいると不審者と思われるのは必至な人相の僕、

だから会場内の写真はありません(笑)

受検を終えて

「睡眠学習法」の成果なのか、思った以上に回答出来、

僕の予想では祝合格ですが、通知が来るまでは安心出来ません。

また、神様といってもスケベで下品な神様も多く(笑)

僕ら煩悩だらけの人間とさほど変わらない生き方に親近感を覚えたのが

良かったです。

今日の癒し

国指定天然記念物の大楠

太宰府天満宮は楠の森に鎮座していると表現出来るくらい素晴らしい楠が多い神社です。

この大楠は、社務所と誠心館(右の建物)との間にある樹齢1500年とも言われるもので、

見るだけで心癒されました。

 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.