歴史のみえる丘公園(呉市御手洗)

 

「たまゆら」の聖地

子供の頃からアニメや漫画には

全く興味がなく、

友人との会話が合わなかった僕ですが、

妻と旅する先で、頻繁に出会うのは、

とにかく「アニメの聖地」です(笑)

アニメ自体の切り口からは、

興味を持てなかった僕も、

これだけ、日本の素晴らしい場所が

アニメの舞台として、

使われていたとなると

逆にアニメの「さわり」くらいには

興味も湧くというもの(笑)

今回の「歴史の見える丘公園」はじめ

御手洗(みたらい)地区は、

アニメ「たまゆら」の聖地だらけです。

少し調べてみると、「たまゆら」の

メイン舞台である広島県竹原市には、

より多くの「聖地」があるようで、

画像を見ていたらいつの間にか

竹原市にも魅了されてしまいました。

アニメを見て聖地に行くのがアニメファン、

行ってからアニメの聖地だと知るのが、

アニメオンチ(笑)でしょうか?

間違いなくアニメという文化は

日本の観光に

大いに貢献していますね!

御手洗地区へ

安芸灘とびしま海道の先端、

大崎下島の御手洗地区を

目指したものの、

下蒲刈蘭島文化施設で、

思わぬ道草をし、

予定よりも30分ほど、

時間がおしていました。

まあ、何とかなるだろうと

希望的観測しかありませんが(笑)

道草した(笑)下蒲刈蘭島地区の

松濤園から見た、蒲刈大橋。

トラス橋と呼ばれる、

鉄道でよく見るタイプの橋で、

ここを渡ると、蒲刈島に入り、

さらに次の豊島大橋を渡り、

豊島に到着です。

豊島から見た「豊島大橋」。

安芸灘大橋を小ぶりにしたような吊橋です。

ここからは、次なる豊浜大橋を渡り、

御手洗地区のある、

豊(大崎下島)へ向かいます。

豊浜大橋。

一峰寺展望台へ

御手洗地区での最初の目的地は、

絶景が楽しめるという

一峰寺展望台でした。

でした・・が、

到着出来なかったのです(汗)

Google先生の教えてくれた

みかん山の細い道を上っていくと

何だか怪しい雰囲気が・・・・

何とUターンさえ難しほどの場所で、

行き止まりですよ!

軽自動車だったのが幸いし、

しかも、

アラウンドビューモニターという

最新技術もあり、

何とかUターンに成功(笑)

展望台ではないけれど、

みかん山から撮影してみました。

少し霞んではいますが、

来島海峡大橋も見え、

なかなかの絶景です。

歴史のみえる丘公園へ

一峰寺展望台から山道を下り、

御手洗地区に行く途中に、

歴史のみえる丘公園があります。

案内。

公園から先程行き止まりになった

みかん山を臨むと、

ちょと感慨深いものがあります(笑)

公園内へ。

御手洗の町並み。

確かに歴史が見えていますね(笑)

展望台への道は二通り。

行きはスロープで、

帰りは階段を使ってみました。

展望台のそのまた展望台。

目の前の島は、愛媛県の岡村島で、

この海峡の真ん中あたりが

広島と愛媛の県境になっています。

景色のみを撮影。

多島美って、本当に癒やされます。

「たまゆら」でもこの背景が

使われています。

来島海峡側を案内板と共に撮影。

景色だけでも撮影。

やはりここでツーショット。

ここも「たまゆら」のシーンに登場の

おいらん公園や、

住吉神社が見える場所です。

この後に行く予定の

住吉神社の常夜灯や、

海側に伸びる

千砂子波止(ちさごはと)も

見えています。

アップでも撮影。

最後に藤棚を見て

妻のおばちゃんを思い出し、

ここでの散策は完了です。

今日の言葉「たまゆら」

よく耳にしていたけど、

どんな意味なのか知らなかった

「たまゆら」という言葉。

Wikipediaで調べると

たまゆらは、「玉響」と書き、

「勾玉同士が触れ合ってたてる

微かな音のこと。転じて、

「ほんのしばらくの間」

「一瞬」(瞬間)、あるいは

「かすか」を意味する古語。」

こう書かれています。

そして、「玉響現象」というものが、

このアニメ「たまゆら」の名前にも

通じるもので、

Wikipediaには、

主人公が撮影する写真には、

「彼女の撮影する写真には

「たまゆら」と呼ばれる

白い光が映り込むことがある。」

とあります。

要するに玉響現象は、

「オーブ」と同じものですね。

昨秋、熊本の鍋ヶ滝で、

景色だけの写真には全く

写っていないオーブが、

妻を撮った写真にだけに

写っていたのを思い出しました。

鍋ヶ滝で妻の背後に写ったオーブ。

今まで僕が撮った妻の写真で、

オーブは2回ほど現れていますので、

アニメ「たまゆら」、

他人事ではありませんね(笑)

 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください