火之神公園(鹿児島県枕崎市)

 

映画

映画はあまり見ません。

最近見たのは、

一昨年くらいでしょうか。

映画、「男たちの大和/YAMATO」、

この映画、

テレビでちょっと見たときは、

反町隆史や中村獅童が

出てた記憶がある程度ですが、

「ロケ地」と案内があれば、

行ってみたくなるもの、

行けば何かを得る事もありますし(笑)

ロケ地へ

平和祈念展望台

紹介されていたロケ地へ。

平和祈念展望台の駐車場から

霞んで見える開聞岳、

薩摩富士と言われるだけあって、

美しい山ですね。

火之神公園案内図。

ロケ地まであと100m。

ここから海岸へ。

火之神公園の名前の由来。

「古事記、日本書紀に出てくる話で、

天照大神の曾孫である、

山幸彦(火之神)が、

兄、海幸彦の釣り針を失くし、

同じものを返せと言われて、

無目籠で、海神の宮に行く途中、

最初に着いたのが、

この景勝の地、

「鹿篭」(かご)の海岸で、

そのため、この海岸は

「火之神」と呼ばれるようになりました。」

このようになります。

山幸彦の像。

海を見ていますね。

この神様の子供が、

鵜草葺不合命

(ウガヤフキアエズノミコト)で、

僕たちが以前行った

吾平山上陵では、

親しみをこめて、

「うがやくん」と

呼ばれていました(笑)

その、うがやくんの子供が

初代、神武天皇です。

このあたりがロケ地でしょうか?

冒頭に書いたように、

映画はテレビで、

ちょっとだけしか見ていないので、

よく分かりませんが(汗)、

岩礁帯と透明な海の

コントラストが素晴らしく、

時間を忘れて眺めていたい景色です。

真ん中辺りに

かすかに見える

富士山型の山は開聞岳です。

案内には、

「東シナ海と立神岩を

バックに撮影された」と

書かれていますので、

この辺りでしょうか。

ズームして立神岩を撮影。

動画も撮影し、

ロケ地訪問は完了。

 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください