岩国城(山口県岩国市)

 

一国一城令の適用外なのに破却された城

吉川(きっかわ)家、悲劇の続き(笑)

吉香神社のブログで書いたように

岩国領(藩)初代の

吉川広家という人が、

関ヶ原の戦い後、

毛利家の存続に大貢献したのに

冷遇された話しをしましたが、

ここにも一つ、

立派なお城を作ったのに

わずか7年で破却させられた

吉川くんの悲話があります。

ま〜吉川くん、可哀想なくらい

毛利主家からいじめを受けています。

幕府が一つの国に一つしか

お城を持ってはいけないとした

一国一城令ですが、

周防国には岩国城だけしかなく

幕府は「藩」として取り扱っていたし

岩国城は、この一国一城令で

破却する必要は無いお城だったのです。

ところが毛利主家の横やりが入ります。

長門国、長府藩の毛利秀元が

櫛崎城を破却したのに合わせざるを

得なかったのです。

「一国一城令のお達しに従い、

早速お城ぶっ壊しました〜!」

と岩国藩(領)が幕府に報告した時、

「え〜何でぶっ壊したの?

岩国城は壊さなくてよかったのに〜!」

と言われたほどです(悲)

長門国には関ヶ原の戦いで、

吉川くんに助けられた張本人、

毛利輝元が作った萩城があるから

その同じ長門国の支城である

櫛崎城を破却するのは

当然ですが、岩国城までとは!

どこまでも恩義を忘れる毛利家、

いつかは報いがくるのかと思っていたら

結局幕末まで存続していました(笑)

歴史を調べると助けてくれた恩人を

殺したり、冷遇したりしても

繁栄している人物って

思いのほか多いのです。

恩を仇で返しても神様は

あまり気にしていないのかな〜(笑)

岩国城へ

吉香公園の一角に

ロープウェイ乗り場があります。

ここから一挙に山頂近くまで行けるので、

楽チン&絶景が見られます。

僕たちが乗るロープウェイが到着。

ロープウェイに乗る時は、

僕はいつも子供のように

この場所を陣取ります(笑)

だってここからの景色が

最高なんだもん!

山頂の駅に到着。

いきなり素敵な景色にうっとりです。

ロープウェイ駅前の広場にある

からくり時計はお城の櫓を

イメージしたようなデザイン。

ここから歩いてお城に向かいます。

今の岩国城(展望台)は

山の端っこに建っていますが、

元々吉川くんが作ったけど

ぶっ壊してしまったお城は

この地図の右上の

「岩国城天守閣跡」に

ありました。

僕はこのころお城に

「全く興味がなかった」ので、

天守閣跡と書かれた天守台には

行きませんでした。

今考えると残念ですが、

「その時一番やりたい事だけやる」

のが僕の生き方、

なので、また次訪問したときは

お城視点で満喫したいと思います。

もうすぐ天守。

お城の最上階からの景色。

手前から岩国城がある横山、

吉川家の居館跡の吉香公園、

錦川、それに架かる錦帯橋、

岩国市街地、岩国空港、瀬戸内海と島々。

まるで箱庭ですよ!

一つの景色にこれだけの

風景が凝縮される展望施設は

あまり類をみないのではないでしょうか?

錦帯橋のアップ。

350年も前にこんな橋を作ったとは

凄いことです。

岩国城の全景。

ここでツーショットで〆。

この岩国城、

お城に興味が無かったころでしたが、

最上階から見た、

岩国市内の景色には超感動でした。

今日の癒し

山頂のロープウェイ駅前にあった

すべり台に癒されました。

これ見て思い出したのがこちら!

 

 

 

 

東北新幹線のE5系車両!

今日からE5系には

「すべり台新幹線」と命名します(笑)

 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください