鞍手町石炭資料場

 

興味は無かったが・・・

鞍手町歴史民俗博物館と同じ敷地に

鞍手町石炭資料場という名の

炭坑を模した施設があるのは、

訪問前から知ってはいました。

しかし、

僕は炭坑への興味が無く

鞍手町歴史民俗博物館を見たら

帰路につく予定でした。

ところが、博物館の職員から

えらく勧められたので、

それならば行ってみようかと

入ったのが、

鞍手町石炭資料場です。

三菱新入炭坑

以前鞍手町に存在した

三菱新入炭坑を再現したのが、

この鞍手町石炭資料場です。

炭坑入口。

自動ドアを入ると

そこは、いきなり炭坑です。

へ~こんなに凄い所だったのか!

職員がしきりに勧めてくれた意味が、

今わかりました(汗)

本物とパネルなどを使い、

炭坑の事が詳しくわかる施設です。

歴史。

ぼた山。

鞍手町の炭坑見取図。

トロッコ列車。

子供が喜びそう・・・

いや、

僕も喜びそうですが(笑)

石炭掘りは極めて危険な仕事。

ぼた山が1m上がるのに

一人の命が失われると

言われたほどだと書かれています。

奥へ。

キャップランプと充電器。

比較的新しい時代の掘削風景。

機械化がすすんでいますね。

いつも爆発と隣り合わせだったそうです・・・

「小ヤマ」と呼ばれる機械化されていない

小さな坑道での仕事は、

体が小さな女性の活躍の場でもあったのです。

小ヤマの再現。

暑いのでしょう、

女性も上半身裸です。

炭坑画家が描いた絵。

男は入れ墨が当たり前か・・・(笑)

なんて思いつつ見学は終了。

鞍手町石炭資料場は、

僕に炭坑への興味を

少しくれた(笑)

素敵な資料場でした。

今日の焦り

こんな案内に少し焦りました(笑)

15分経つと、照明が消えて

真っ暗になるのか?

その真っ暗な中、出入り口に戻るって

怖くないのかな(汗)

心配しながらも見学を続けましたが、

僕たちが帰るまで照明はついたまま。

めでたしめでたし(笑)

 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください