松濤園・西洋館(御花)

 

嬉しい副産物

実は、御花の庭園や洋館は、

あまり意識していなく、

中に入ってみたいという気も

あまり無かったかも知れません。

と・こ・ろ・が、

立花家資料館の職員さんから

「このチケットで御花を

全て観覧できます」

そんな情報を教えていただいたのです。

だったら行くしかない!ですよね。

施設側からしたら当然でも

僕たちの意識としては予定外(笑)

思わぬ副産物に、

狂喜?した僕たちでした。

エントランス

御花のエントランスは立派の一言。

立花宗茂さん、

これを見たら何と思うでしょうか。

ワシの子孫も頑張ったな~かな?

さすが、伯爵家の門、

重厚感しかありません。

さげもん

まずは松濤園、西洋館の受付へ。

外観は渋くていい感じ。

そして、受付の女性も

実に感じが良い方で、

素晴らしい対応です。

入って少し行くと、

ありました!「さげもん」が。

柳川名物「さげもん」。

女の子の成長を祈る習慣です。

男の子には無いのかな・・・(笑)

華やかですね。

松濤園

次に日本庭園の松濤園へ。

大広間の廊下には、

立花宗茂が、

一隊全員そろって着用させたと伝わる

金箔押桃形兜がズラリ並んでいます。

大広間。

松濤園へ。

お~!素晴らしい!

広いので三分割で撮影。

向かって右端にはサギちゃんも見えてます。

部屋から出て、庭石から撮影。

やはり全体像は動画ですね!

ここで記念のツーショット完了。

日本庭園と西洋館に囲まれた中庭。

何故か中庭の端には

花手水があるのです。

癒やされますね~!

美し花と清らかな水に。

西洋館

花手水から上を向くと

西洋館の裏側(中庭側)の

全景が見えます。

蘇鉄&西洋館。

表側は車寄せ付きの豪華仕様。

そして、館内へ。

いかにも明治風です。

二階の広間。

伯爵邸にふさわしい室内ですね。

小部屋。

ここは車寄せの庇の上になります。

今日のトイレ

松濤館のトイレは

とっても清潔でオシャレでした!

エントランス(笑)

男性用。

女性用。

このデザイン、素晴らしい!

二人してスッキリして

御花を後に(笑)

 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください