坂本城跡(滋賀県大津市)

 

昔の姿を感じられる?

明智一族の城がなくなり

流浪とも言える前半生を送った

明智光秀が、

遂に一国一城の主となったのが、

ここ坂本城です。

信長という上司がいたから

光秀の才覚は花開き

城持ちとなれたのでしょう。

そんな坂本城、

築城から450年ほど経った今は、

殆ど遺構らしきものはありませんが、

とにかく行ってみれば何かを感じられる?

そう思い訪問してみました。

坂本城址公園

ここはお城の遺構を楽しむというよりは、

町民の憩いの場的な公園で、

位置的にも城跡を

少し南に外れた場所になります。

駐車場前の古い石碑。

昔はここが城趾だと思われて

建てれたのかも知れません。

案内。

現在、本丸は琵琶湖に沈んで、

その遺構は水の中だそうです。

坂本城のCG写真はかっこいい(笑)

安土城築城よりも7~8年前の、

元亀二年(1571年)に

建てられたものが、

本当にこの姿だったならば、

明智光秀の先駆者ぶりは、

相当なものだったと言えるでしょう。

明智光秀の像。

五頭身位のぽっちゃりして

可愛らしい光秀ですね。

以前、福井城で見た結城秀康の像と

相通じるものを感じます。

こちらがその結城秀康像。

なんか似てる?(笑)

それはさておき、

このすぐそばにあるのが、

こんな歌碑です。

鳥羽一郎が唄う、

「光秀(おとこ)の意地」。

「武士は散れども 桔梗は残る」

なかなか素晴らしい歌詞ですよ!

確かに今、滋賀県に行くと

至るところで桔梗紋を見ますから(笑)

鳥羽一郎、大分県佐伯市の鶴御崎にも、

歌碑がありましたし、頑張っていますね!

そのうち芭蕉の碑に張り合えるかも?(笑)

こちらは石垣の遺構でしょうか?

石垣&琵琶湖。

琵琶湖を背にして公園を撮影。

光秀もこんな景色を見てたのかな?

公園の端っこで見つけた山王鳥居。

日吉大社の山王祭では、

ここから神輿を船に乗せる

船渡御が行われるそうです。

再び公園内へ。

明智くん(笑)バックに撮影。

二の丸跡へ

公園から二の丸跡へ歩いてみます。

途中見つけた弁財天社。

檜皮葺の屋根を護るように

覆屋が造られています。

地元に愛される神様なのでしょう。

二の丸跡にある坂本城址碑。

石碑の周りには、

五輪塔など古い石仏が

置かれています。

ここも二の丸跡にある東南寺。

門が閉まっていたので、

外から本堂を撮影。

なかなか往時をしのばせる遺構は

発見出来ませんでしたが、

駐車場に戻る道すがら、

素晴らしいものを発見しました。

オニヤンマ!

妻の目の前にふっと止まったのです・・・。

妻が夢で見たオニヤンマ、

最近よく来てくれます。

今日の一枚

「武士は散れども 桔梗は残る」

確かに路上にも残っていました!

水色桔梗ならぬ赤色桔梗?(笑)

 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください