田中吉政陣跡(岐阜県関ケ原町)

 

三成捕縛だけじゃない

逃走中の石田三成を

捕縛した功績もあって、

関ヶ原の戦い後、筑後国一国を貰い、

柳川藩主となった田中吉政ですが、

徳川家康の本拠地だった

岡崎の町、岡崎城を近代化した人としても、

その名を刻んでいます。

広大な徳川家康最後陣地のお隣に、

田中吉政陣所が寄り添うように(笑)

存在するのも、

岡崎城のご縁なのかも知れません。

田中吉政陣跡へ

岐阜関ケ原古戦場記念館の裏手、

徳川家康最後陣地のお隣なので、

訪問は超簡単な、

田中吉政陣跡です。

田中吉政陣跡の一角に建てられた

明治時代(多分)の案内碑と、

最新の案内板。

陣跡内のお地蔵様にご挨拶。

案内板。

「甲斐墓 田中吉政陣所古趾」の石碑。

岐阜関ケ原古戦場記念館を

バックに撮影して、

田中吉政陣跡の訪問は完了です。

今日の看板

田中吉政陣跡の一角で

見つけた電柱の看板。

徳川家康の馬印、

「厭離穢土欣求浄土」の解説の下、

「このまち、まるごと、古戦場」

このフレーズに大納得(笑)

日本広しと言えども、

町全部が古戦場なのは、

関ヶ原町だけでしょうからね!

 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください