長崎へ

 

意識は現実を呼び寄せる

60年ほど生きてきて、

つくづく思うのは、

自分が思ったことの多くは

現実化されるという事。

楽しい事を想像すれば楽しい事が起き、

マイナスな事を思えば、

それなりの事が起きる。

宗教でもなんでもありません(笑)

ただの経験則です。

そして、旅の前に想像するのは、

青空の下、素晴らし写真が

たくさん撮れた事。

だからなのか、偶然なのか、

僕たちの旅の多くは直前が雨予報でも

晴れている場合が多いと感じています。

しかし・・・

長崎に行くときは、どうしても

なかなか青空にお目にかかれません。

前回は「曇り時々雨」

今回もほぼ「曇り」で、少しだけ

晴れ間に遭遇という天候。

この大きな原因は、

僕の脳内にあるのは間違いありません。

それは、「長崎」という単語に

即結びつくのが、

「長崎は今日も雨だった」という

内山田洋とクール・ファイブの

大ヒット曲なのです(汗)

というわけで、脳内で流れる

「ああああ~ながさきいは~今日も

雨だああった~♪」を

逐一打ち消すのですが、

どうしても離れません(汗)

とにかく打ち消すことで、

雨を曇りまで持って行けているのだと

自分で納得しています(笑)

博多駅にて

博多駅に着いて最初の目的地は、

JR西日本きっぷうりば。

長崎に旅したのは8月18日で、

9月に行く米子、松江の旅で、

ネット予約していた

「おとなび早得」という

50歳以上のみが買える

新幹線のきっぷを手に入れるのが目的です。

目的完遂後(笑)、時間があったので

久しぶりに博多駅前周辺を散策。

祭りがあるのか、あったのか?

提灯が並んでました。

博多駅と言えばこれ!

黒田節で歌われている

母里太兵衛の像。

福島正則から飲みとった

この「日本号」と言う名の大きな槍は、

福島正則が豊臣秀吉から下賜されたもので、

現在、福岡市博物館に保存されています。

また、母里太兵衛のお墓は、

城代を務めていた益富城の麓の

麟翁寺にあり、お寺には、

槍の拡大版レプリカも飾ってあります。

ちなみに福岡市には、家臣である

母里太兵衛の像は、ここ博多駅と

光雲(てるも)神社と二体もあるのに、

主君の黒田長政の像は無いのが、

ちょっと不思議です。

KITTE博多前の現役ポスト。

ハートに矢が当たって、

インスタ映えしますね(笑)

かもめ号乗車

発車時間が近づいたので、改札へ。

発車までは20分ほどで、

頃良い時間です。

僕たちが乗るのは、かもめ3号長崎行き。

お~「白いかもめ」だった~(笑)

やっぱり「かもめ」というネーミングには、

この白い車両が似合います。

入線して来たばかりなので、

進行方向にもかかわらず、

まだ赤いテールランプが点いています。

僕たちが乗るのはこの車両・・・

ではなく、こちらの普通車です(笑)。

お洒落なエントランス。

ホテルのロビーみたいですね!

JR九州、

デザイナーの水戸岡鋭治氏と

タッグを組んだのは、

ホントに大正解でした。

社内は何だか飛行機のよう。

そう感じたのは、やはりこれでしょう。

天井の物入れ。

これ、飛行機とおなじタイプです。

中は個室になってライトまである豪華版。

博多、長崎間のネット早割きっぷ、

片道一人2.300円は高速バスと

ほぼ同じ料金、めっちゃ助かります!

シートには、きっぷ入れが。

しかし、

忘れてしまいそうなので使わず。

実際に車内放送でも、

「切符入れに入れている方は、

切符を忘れないように」

な~んて流れていましたし(笑)

車内から眺める有明海。

海が見たくて海側の座席を予約しました。

シラサギが二羽、アオサギが一羽、

岩の上に止まって井戸端会議かな?

それにしても癒される光景ですね。

諫早駅の島原鉄道のホーム。

日本で最初の鉄道、

新橋~横浜間を走った蒸気機関車が、

最後のお勤めを果たしたのがこの島原鉄道。

そんな大先輩のパネル写真の横に

顔を見せてる列車は、現役のディーゼルカー。

僕たちの座席の目の前、

撮影するのには、

丁度良い位置に停車してくれた

かもめ号に感謝(笑)

諫早駅から少し走ったところで、

今年の正月に歩いた場所を発見。

その時たまたま撮れたのが、

今回乗っているのと同じ

「白いかもめ」と、諫早城。

そして車窓から見えるのが、

これまた正月に参拝した

御館山稲荷神社が鎮座する御館山。

こちらは、正月に御館山から見た

「白いかもめ」。

今は立場が逆転していると思うと、

なんとも楽しい気分になりますね!

約2時間、車窓からの景色を

楽しんでいたら、

あっという間に長崎駅に到着。

かもめちゃん、

2時間、僕らを楽しませてくれて、

本当にありがとう!

改札前で迎えてくれたのは、

葉加瀬太郎氏!

駅構内には、

「世界新三大夜景」と

誇らしげな文字が並んでいます。

今回は時間の関係で、

夜景は次回以降の楽しみですが、

稲佐山展望台には行く予定です。

そして、ここで発見したのが、こちら。

インスタ映えポスト~(笑)

今回の旅、何だかポストにご縁が

あるようです(笑)

「長崎駅に着きました」

とレンタカー屋さんに電話。

ここで、お迎えを待ちます。

 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください