高鍋護國神社(宮崎県高鍋町)

 

鎮座地

高鍋護國神社は、

高鍋城の政庁跡の南側、

奥御殿跡に鎮座しています。

奥御殿とは藩主の私的な住まいで、

お城の中でも一等地と言える場所です。

案内板の白丸で囲んだところが

高鍋護國神社です。

御社殿

高鍋護國神社の場所柄、

高鍋城の散策途中になりますが、

「ついで」ではなく、「本気」で(笑)

参拝しました。

社号標は城跡の麓付近。

ここから登っていくと、

広い政庁跡に着きます。

本丸の政庁跡。

その後、奥の神社へ。

社頭。

鳥居の手前から

拝殿と本殿が見えています。

拝殿と言うか、

ベンチもあって、

休息所も兼ねているのかも?

本殿へ。

参拝。

本殿右側の石碑には、

御英霊の方々のお名前が、

ぎっしりと刻まれています・・・

藩主様の御殿があっただけに

見晴らしも日当たりも抜群で、

御英霊を祭るには、

最もふさわしい場所でしょう。

本殿を反対側から撮影。

日露戦争の記念碑と砲弾。

「御手植乃松」と書かれた石碑。

松は何処へ・・・(笑)

ツーショットで参拝完了、

ここから本格的な

高鍋城散策のスタートです。

 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください