上野彦馬生誕地と撮影局跡(長崎市)

 

持ちつ持たれつの馬コンビ

上野彦馬と坂本龍馬、

二人の共通点は「馬」(笑)

この時代、名前に「馬」を付けるのが、

流行っていたのかも知れません。

この二人、その名のごとく、

馬のような馬力でもって、

一生を過ごしています。

風頭公園の坂本龍馬之像と

上野彦馬の墓もお隣と言って良い場所に

仲良く?ありましたが、

ここ「上野彦馬生誕地」にも

二人の像が仲良く並んでいました。

どんだけ仲良しなんだ〜(笑)

上野彦馬生誕地へ

上野彦馬が生まれた場所は、

眼鏡橋のすぐ近くにありました。

誕生地には、上野彦馬と並んで、

坂本龍馬の像もあります。

面白いのが、現在では、ここが

産婦人科の敷地だということです。

まさか、江戸時代の上野彦馬が

この産婦人科で生まれたなんて事は

無かったでしょうが、

こんな素晴らしい方の生誕地に

産婦人科があるなんて!

ここで生まれた赤ちゃんは、生涯

「俺は上野彦馬生誕地で生まれたぜよ」

(土佐弁になった〜汗)

とか言えますし(笑)

上野彦馬は撮る人、

坂本龍馬は撮られる人、

その相互作用もあって、

二人は有名になれました。

お互いにもちつもたれつの関係ですね。

案内板。

長崎さるく博ってもう12年も前か…

行ってないけど…

そこ、注目するところかな(笑)

上野彦馬撮影局跡へ

上野彦馬生誕地から徒歩で

15分ほどの距離に、

上野彦馬の撮影局、

今で言う写真館の跡があります。

案内板には古写真あり

当時の撮影局が写っています。

そして、こちらが今の写真。

路肩は広くなり橋も架けられていますが、

当時の面影はしっかり残っていますね。

撮影局の手前には、

江戸時代、長崎を代表する学問所、

長崎聖堂跡もあります。

ここが上野彦馬宅、撮影局の跡。

建物はありませんが、

その向かい、川沿いには、

こんなものがあります。

撮影局を少し再現していますね!

案内板。

読んでみると、

当時の撮影機は露出時間が長く、

十数秒も同じ格好で動かないように

しなければならなかったそうです。

撮影された人たち、大変だ〜(笑)

スタジオの再現?

こんなカメラだったんですね。

最後に名カメラマンが

僕に指示を送ってくれました。

「はい、15秒動かないで!」(笑)

 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください