2017/12/04

艮(うしとら)神社の大楠(広島県尾道市)

 

艮と良

僕は漢字を読み間違える天才かも知れません(笑)

今回も「うしとらじんじゃ」を

「りょうじんじゃ」とばかり思い込んでいました。

もっとも今年になってお城巡りをはじめてからは

「艮櫓」(うしとらやぐら)のように意外と多く

「艮」の文字に接するようになり

歴史を知れば当たり前の漢字なんだということが分かり

その意味も「艮」(うしとら)とは方角の北東のことで、

鬼門(きもん)にあたるので、

家の玄関(入り口)を作ったりしない方角ということも

還暦間近になって知ったのです(笑)

その鬼門を守る場所に建てられたのが艮神社なのかと思ったら

サイトで調べるといくつもの意見や見解があって、

そうとも言い切れないようです(笑)

艮神社へ

御袖天満宮から坂道を下っていくと

千光寺ロープウェイ乗り場があり、

そのすぐ左隣が艮神社の境内入り口です。

すでにこのあたりも映画やアニメの聖地になっていて、

尾道で聖地以外を巡るのは難しいようですね(笑)

神額にも屋根が付けられていて、

見た目にも重厚です。

そして、艮神社名物?

境内上のロープウェイのネット(笑)

神社の上、神様の上をロープウェイが通るなんて、

どんな光景なんだろうと思っていたら、来ました!

艮神社上空のゴンドラ。

こちらはロープウェイ乗り場から見た艮神社。

樹齢900年とも言われる

境内の大クスの美しい形が良くわかり、

その背後のクス群とともに

神社全体が「クスの森」のように見えます。

そして、山の上に小さく見えているのが千光寺です。

拝殿に向かいます。

手水舎。

一枚岩をくり抜いた贅沢な造りです。

水は亀の口からいただきます。

御社殿敷地に上る階段下で、

素晴らしい光景が見えて来ました。

この大クス、枝振りが群を抜いてカッコいいですね!

拝殿と大クスとの位置関係も完璧です!

説明によるとこのクスノキ、

一時期は枯れかかっていたそうです。

ここまで樹勢が回復したのは、人の愛なんでしょう。

この拝殿向かって右の大クスと反対の

左側には、巨大な石もあります。

拝殿の半分の高さくらいある圧倒される巨石です。

注連縄が張ってあり、こちらもクスノキとともに

神様をお守りしています。

拝殿の左側の巨石が先ほどのアップ写真のものです。

比較すると大きさがわかりますね!

また、この拝殿は、千木(ちぎ)と呼ばれる屋根の上についた

V型の装飾が、立て削ぎ(地面に向かって直角に削いである)と

横削ぎ(地面に向かって水平に削いである)の

混合になっていて、とても珍しい造りです。

そして、艮神社は狛犬がいい味出しているんです!

御社殿に向かって右側なので、

恐らく「阿形」の狛犬でしょうが、顔が崩れていて

表情は分かりません。

しかも前足の台座も壊れたのかコンクリートで継いであり

足の先だけ指の形を彫ってあります。

こちらは「吽形」でしょう。

なんだか、オットセイのように見えるのは

僕だけでしょうか(笑)

古くなり、ボロボロになって、

もはや打ち捨てられても仕方ないものを

100%は修復出来なくても、形あるところを

「大切に残して行くよ!」という

神社や氏子さん達の愛情が伝わって来て、

僕はほっこりした気持ちにさせられました。

この狛犬が100年経ってもここに

いて欲しいと、心から願います。

神社の裏手、本殿に向かいます。

クスノキや多くの木々にかこまれたこの佇まい、

神様のお住まいとして完璧と言えますね!

伊勢神宮と同じ形の古代建築を思わせる

「神明(しんめい)造り」で、

これもまたここの場所に似合っていますネ!

拝殿の左横から撮影。

何度見てもこの大クスの枝振りにため息がでます。

艮神社は巨木と巨石と狛犬に守られた、

心鎮まる穏やかな空間でした。

最後に境内社にも参拝。

金山彦神社。

社務所で御朱印をいただき参拝は完了です…

と言いたいとこれですが、

忘れていました〜!

ツーショット写真(笑)

今日の癒し

「ごーかく」絵馬に癒されました。

五画=ごーかく

やっぱり人生、ユーモアは大切ですね!

 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください