山形〜名古屋空の旅(令和5年9月)

 

洋上飛行

福岡〜山形、飛行機乗り継ぎの旅。

往路も同じ名古屋経由です。

山の中に位置する山形空港から

名古屋飛行場(小牧空港)までの

飛行ルートは、地図上からしても

往路と同じ陸地(山地)の上だけと思い、

通路側席でまったりしていたら、

突如として窓際席の妻が、

「あれ、海じゃない?」

そう僕に言ったので、

「まさか、海があるはず無いやろ?」

そんな疑問を持ちつつ窓を覗くと、

そこには間違い無く海が見えています!

実は、これが次回行った

「新潟の旅」の引金になったのですが、

事前に飛行ルートを知らなかった僕には

この上ないサプライズなフライトでした。

搭乗

山形空港を満喫し、

待合室でのんびりした後、

アナウンスに従い搭乗口へ。

案内板を確認。

待機中の搭乗機。

往路と同じ「青天の霹靂」号に搭乗。

その往路では山形空港近くで、

機体の激しい揺れに遭い、

「青天の霹靂」の面目躍如だったのですが(笑)

復路では、その名前とは真逆をやってくれた

「青天の霹靂」号。

この機体と出会えて、ほんと良かった!

ティータイム

ここからが、復路のクライマックス。

当然ですが、

離陸前にそんな意識はゼロ(笑)

離陸。

奥羽山系の山々とも別れ。

ありがとう!山形。

山上を飛行。

翼端の先に見えるのは月山かな?

出羽三山神社の神様、

お見送りいただきありがとう!

その後

少しして、お待ちかね、

ティータイム開始。

いただいたのは、

冷たいお茶(だったかな?)と

シャトレーゼのお菓子「梨恵夢」。

中身はこんな感じで、

大変美味しくいただきました。

佐渡へ〜♪

機内サービスでお腹も膨らみ、

寛いでいたところ、

冒頭に書いた妻の雄叫びが(笑)

お〜海ですよ!

海ということは日本海のはず・・・

そう思って見ていたら

海岸線が見えてきました。

うろこ雲の下に

波打っている海がよく分かります。

そして、

その直後に見えたのが、

佐渡島(さどがしま)です!

お〜地図でよく見る

互い違いの形です。

山形の旅で、新潟の佐渡島が

見られるなんて、

ラッキー過ぎですよ!

手前には弥彦やひこ神社が鎮座する

弥彦山らしきものまで見えていますね〜

僕たちの興奮はもうMAXに(笑)

Googleマップで確認してみると

やはり弥彦山の上空でした。

右上の山形から新潟上空を通り、

一旦日本海を通るのが

復路の飛行ルートのようです。

初めて見る佐渡島で僕たちは大興奮!

「これって、新潟が、

僕たちを呼んでいるんじゃない?」

そんな超前向きな(笑)

会話から生まれたのが、

冒頭に書いたように、

翌月に決行した新潟の旅です。

ここで、新潟とはお別れ、

次は内陸部の松本方面へ。

松本上空〜名古屋飛行場

雲は多かったものの

中央アルプスの山々が

少し見えています。

御嶽山でしょうか、

なんか凄い光景です。

岐阜城の上空に到達。

後から確認すると

米粒のようですが(笑)

天守も写っています。

もうすぐ名古屋飛行場。

着陸。

飛行機を降りて撮影。

遠くからも敬意を込めて撮影。

最高に楽しませていただき、

本当にありがとう!

「青天の霹靂」号さん。

 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください