豫章館(宮崎県日南市)

 

興味があれば

数年前まで、「飫肥」という漢字は、

何度見ても「おび」と読むことを

忘れていました。

ところがお城に興味を持って、

飫肥城の存在を知ると、

一瞬で覚えてしまいました。

興味あるものは、

全く覚えようとしなくても

自然と染み付くもの。

もし勉強に興味があったならば、

いつの間にやら知識は、

身についていたでしょう(笑)

豫章館へ

飫肥城の大手門のすぐ前に

豫章館(よしょうかん)はあります。

豫章館の案内。

「飫肥藩主伊東祐帰(すけより)が

明治二年(1869)に

城内から移り住んだ屋敷で、

庭の北隅に大きな楠木が

あったことから豫章館と名付けられた。」

このように書かれています。

それにしても伊東家の藩主名、

読み方が難解な殿様が多いな~(笑)

薬医門から入場。

玄関まで、

100m位あるでしょうか。

さすが、元藩主の館ですね!

玄関前のお手水?水瓶?

妻と大きさを比較してみても

かなりデカイ!

手水鉢?は左右にあり、

こちらが左側のものです。

何の為に置かれているのか、

解明は出来ていません・・・。

正面が、

千鳥破風の庇付きの「表玄関」、

右奥は、脇玄関。

広大な庭園と豫章館主屋の全景。

主屋の背後は飫肥城。

3月だから、

お雛様が飾ってあるのかな?

伊東家の家紋付き長持。

庭の休息所。

庭の一角で見つけた

お地蔵様(らしきもの)に参拝。

主屋の裏庭。

庇のように剪定された樹木に注目。

妻と大きさの比較。

土蔵。

長いエントランスを歩き、

次なる目的地、小村記念館へ。

 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください