プロローグ(2019年高知の旅)

 

佐賀で高知に引き寄せられる

昨年行った、佐賀市内で開催された

肥前さが幕末維新博覧会、

その時入った「ながさき幕末維新館」で、

長崎市出身の

幕末から明治にかけての写真家、

「上野彦馬」を知り、

その上野彦馬のスタジオで、

よく見る坂本龍馬の写真が、

撮影されていて、

しかもその写真を元に、

高知県の桂浜にある坂本龍馬像が

出来た事を知りました。

この時から妻が大好きな坂本龍馬に

僕も興味を持つようになり、

その後、長崎市、福山市と龍馬の足跡を

辿って来ました。

そして、遂に今回、坂本龍馬の本場(笑)

出身地である高知県へ

旅する事となったのです。

時間とお金には勝てない・・・

福岡から高知まで、JRを使うと

時間にして4時間半~5時間。

最速新幹線ならば、同じ時間で

博多から東京まで行けます。

また、お金にして、

一人往復3万円以上、

二人なら6万円以上・・・

これに宿泊費がプラスとなると

7万円近いものになります・・・

休みが少なく、予算も乏しい(汗)

僕たちにとって、これは、

かなりハードルが高いのです・・・

高知行きには、

大阪行きのように多種多様な

新幹線割引きっぷや

パッケージツアーもありません。

それでも何とかJRで行けないか、

調べました・・・

そして、出した結論が、

「飛行機を使う」でした。

僕たちは飛行機が苦手なので、

出来れば北海道に行くのも

JRがいいと思うほどです・・・

時間とお金があればの話ですが(笑)

しかし今回は飛行機以外、

選択肢がありませんでした・・・

見つけたパッケージツアーは

福岡~高知往復航空券+宿泊で、

二人で4万5千円ほど。

飛行時間は片道たったの

45分程度ですから

高知での滞在可能時間は、

JRの比ではありません。

ただ、この計画段階での僕の

「JRを使いたい」という執念?が

この旅の最後に

思わぬ形となって現れる事を

この時の二人は、

まだ知る由もありませんでした・・・

三年半ぶりの福岡空港

僕たちが飛行機に乗るのは、

三年半ぶりです。

なので、福岡空港にも

三年半ぶりにやってきました。

福岡空港は、

二本目の滑走路を作ったり

ターミナルビルを改装したりと、

かなり変わってきています。

そして、まずはチェックイン。

今回は、完全チケットレスの旅なので、

スマホを見ながら確認番号を入れます。

パッケージツアーの購入から

チェックインまで、紙媒体も持たず、

誰一人と会うことなく、

また喋る事もなく、

スムーズに流れて行きます。

これでは、

人の仕事は無くなるんじゃないかと

ちょっと心配です(笑)

飛行機に乗れるのが、

確定したところで、気になっていた

場所を見学にいきます。

福岡空港の新名所、「ラーメン滑走路」。

TVコマーシャルで見ていたけど

本当の滑走路みたいになっていますね!

朝早いので、まだ開店前ですが、

お昼には多くのラーメン好きの方が、

並ぶのでしょう。

お洒落なレストランスペース。

福岡空港未来予想図。

久しぶりの出発保安検査場。

この日の朝食は搭乗口付近の、

ViTOでサンドイッチセットです。

このサンド、なかなか美味しかったです。

窓際の席が空いたので、移動。

飛行機を見ながらの朝食とは、

なんと贅沢な時間でしょうか。

僕たちが乗るのは右側の可愛い飛行機です。

以前の高知便は、

スウェーデン製のプロペラ機だったようですが、

今は、ブラジル製のジェット機に

変わっています。

このチケットでいざ高知に出発!

 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください