2017/12/28

瀬戸内海クルーズ旅

 

一年に2日だけ参拝出来る神社

毎年8月4日、5日、大祭の二日間だけ橋が架けられ、

島にある本殿に参拝出来る神社がある…

そんな情報を得たのは、僕が会社を倒産させ自己破産後、

仕事もせず家でブラブラしていた去年の初夏でした。

まあ、プラプラしていたからこそ見つけた情報かも知れませんが(笑)

そして、その神社の大祭に合わせ一年に2日だけ営業する

JR四国の駅のことも合わせて知ったのです。

神社の名前は「津嶋神社」

JRの駅の名前は「津島ノ宮」

「しま」の字が違うよ〜っと思われるかも知れませんが、

神社の「嶋」と駅の「島」は違う「しま」なのです。

こんな違いは鹿嶋市(茨城県)と同市内に鎮座する

鹿島神宮にもあります。何でだろう?(笑)

またもや話しがそれてしまいましたが、

津嶋神社に行きたくて、計画したのが今回の四国旅行です。

一筆書き

一泊二日という限られた時間の中で、

お金をどれだけ抑えて、内容を濃く出来るか(笑)

考えた末にたどり着いた結論は、

「一筆書きに近いルートを選び多くの景色を見る」こと。

もちろん完全な一筆書きをするとお金も時間もかかるので、

決めたルートは次の通りです。

古賀〜徳山間は往復同じルートとし、

行きは徳山から柳井港へ行きそこからフェリーで愛媛へ渡り

帰りは香川から瀬戸大橋を通り岡山経由というもの。

使うJRの切符は、JR西日本おとなびWEB早得+青春18きっぷ。

おとなびWEB早得きっぷ

50歳以上限定ですが、かなり安く新幹線こだま号に乗れます。

小倉〜徳山が一人2,190円、三原〜小倉が一人3,650円。

通常運賃と比べてもあまり意味がありませんので、

JR西日本のこだま指定席きっぷと比べてみると

それぞれ3,800円、5,900円なので、大幅に安いのです。

この時ばかりは、「あ〜若くなくて本当に良かった!」

なんて思ったりします(笑)

こちらは青春18きっぷ

二日目は、今治から岡山までと小倉から古賀までは

これを使用。一人一日あたり2,370円。

一日目の古賀〜小倉、徳山〜柳井港は実費です(これが最安値なので)

フェリーと四国でのレンタカー代も含め

四国旅行にかかった交通費は一人14,000円ほど。

しかし思い出はプライスレス(笑)

古賀駅出発は5:09の始発

小倉からは新幹線こだま号で徳山へ。

徳山駅で山陽本線との乗り換え時間は6分と短いので、

前もって新幹線の車内で徳山〜柳井港の切符を買っておきます。

無事、7:52発の列車に乗り換え完了。

8:32柳井港駅に到着。

クルーズ船(フェリーとも言う)乗り場はすぐそば。

柳井駅から柳井港は徒歩5分くらいです。

真新しくて気持ち良いフェリーターミナルから出発。

僕たちが四国クルージングする豪華(多分)フェリー

「おれんじまーきゅりー」号

夏休み期間とはいえ平日なので、船内はこんなに空いていました。

僕と妻で豪華クルーズ船をチャーターしたという

妄想(いや現実)を楽しむには十分過ぎる設定です(笑)

豪華客船にふさわしく屋上にはプールも完備?

水が入っていないな〜。

しかし後にこのプールには異変が起きますのでお楽しみに(笑)

クルージング開始!

青空が綺麗な瀬戸内海、どんな景色が待っているのか

ワクワクし過ぎて僕はほとんど室内には入らず、

展望デッキや甲板をウロウロしっぱなし(笑)

防波堤の灯台は白ではなくオレンジです。

海とはいえ、穏やかな瀬戸内海を船はひたすら四国を目指します。

向こうに大島大橋が見えて来ました。

海の真ん中にある灯台。

う〜ん絵になる〜!

船は大島大橋にさしかかります。

向こう側の島が大島です。

橋の真下を通過。

大島大橋通過後2階のデッキからの景色で

クルージング気分はさらにアップ

航跡を見るだけでも楽し過ぎます!

カメラを向けると妻もはしゃいでいますくれました(笑)

瀬戸内の島々と空、雲。素晴らしい景色ですね!

ここでも妻はくつろいでいましたくれました。

実はこのとき妻の右足は歩くのが困難なほど痛みに襲われていたのです…

ずっと航跡を見ているのって贅沢な時間ですね!

左舷のデッキからの景色。

瀬戸内海にはいったいどれほどの島があるのでしょうか。

日の丸と航跡。

日の丸ってなんだかテンションが上がりますよね。

そして、屋上のデッキに行ってみるとビックリな光景が。

プールに水が入っている!!

やっぱりこのプールは現役だったんだ〜っと納得(笑)

小さな舟と遭遇。

写真映えするので、良かった、ありがとう小舟!

クルーズ船は、かなり島に近付くこともあります。

航跡の向こうにも島。

船の出入り口付近のデッキからの眺め。

四国から柳井港に向かう船との遭遇。

折れ線グラフのように見えた島(笑)

写真には撮れませんでしたが、

上空を海上自衛隊のUS2(飛行艇)が飛び去って行くのを目撃しました。

あ〜辛坊治郎は荒波で強風の中これに救助されたんだな〜

日本にUS2があって本当に良かったな〜

なんて思っているうちに船は港近くへ。

あっという間の2時間35分の瀬戸内クルージングも残りわずか。

松山市の三津浜港に到着。

船に乗ったというだけで、こんなに書く事(写真?)があるんて、

やっぱり瀬戸内海クルーズは最高に素敵な時間であり、癒しでした!

 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください