空間神社(福岡県福津市)

 

珍しい神社名

空間(くうかん)神社という神社名、

今まで参拝した神社の中でも

五指に入るほど、珍しい名前です。

禅問答のような名前は、

ネット情報によると

古賀(こが)集落に鎮座するので、

空閑(くが)という名前になり

それが空間になったと書かれていたのですが、

はっきりした事は分かりません。

空間神社へ

福津市では、有名な

生産者直売所などの集合体、

「あんずの里」。

 

ここから車で少し東に行くと

畑の中に空間神社が見えて来ます。

境内入口。

鳥居をくぐると右は公民館、

左が藤棚になっている

こじんまりした神社です。

拝殿正面は少し凝った造りです。

参拝。

左から本殿、幣殿、拝殿。

鬼瓦ならぬ鳩瓦に注目。

本殿右側の境内社。

この鳥居、新しい感じがしますが、

宝暦八年(1758年)

寄進と書かれています。

本殿左側の境内社。

花の季節は過ぎた藤棚を

見ながら神社を後に。

 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

Comment

  1. 太田 より:

    空閑(クガ)は古賀の古い形なので流れとしては空閑→古賀→空間だと思います。
    おそらく古賀地区の中に空閑という古い地名が並存して残っていたのでしょう。

    • tabibito1722 より:

      山本です。
      空間神社の名前の由来、
      大変ご親切に教えていただき、
      本当にありがとうございます。
      神社名のルーツは、
      なかなか難しいですね。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください